上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。 7月29日、旅53日目スタート!  記事が長くなったので2部に分けます!









今日は登別のバス停で5時起床!  北海道のバス停は小屋になっているので、バッチリ寝れます♪  自転車は根性で入れます!笑


しかし線路が近いのを見落としており、夜通し貨物列車が通っており……若干寝不足です(T∇T)











ちょいと移動して朝ごはん。 昨日の見切り品と、差し入れで頂いたコーヒー牛乳。 美味しく頂きました!  ありがとうございました♪




今日はアサコースターさんの話を聞いて登別行きたくなったので、午前は登別、午後に室蘭の地球岬に行く!という予定!  上手く行けば伊達まで行こうかしら?というユルサで計画(笑)


さーて、そろそろ出発か~と思ったそのとき!  事件は起きました!





「べこは見た!  日本1周 登別事件簿」






なにを隠そう、シャンプーが漏れました(笑)  ということで洗って拭いて乾燥!  7時までこの状態です(^^;


シャンプーめ、侮れないヤツだ…









乾燥終了し、登別の温泉地へ!  7kmほど登ります。 ひたすら登りますが、道幅はあるので登りやすい!  しかし長い!笑









歓迎……されているのでしょうか?  金棒で叩かれそうです(笑)  うん、照れ屋さんなんですね!










7時40分、温泉街に到着!  アサコースターさんに「ちょっと登るくらいですよ~」と言われたけど……


全然ちょっとじゃね~~!(`Д´)  人によって「ちょっと」の基準は違いますからな! 22歳と同じことするのはキツイぜ(笑)










温泉街に「ボゴッボゴッ!  ボゴゴ!」 と変な音が響き渡ります。 なにかと思ったら間欠泉!









うぉぉぉ!  すげぇ!  本当にボンボン噴き出してます!  触ったら火傷必至。 たまに激しく噴出するので注意しましょう(笑)









また鬼~


登別にはたくさんの鬼がおり、シンボルとなっています。なんでかな?と思ったら


「登別の象徴、地獄谷には常に硫黄の香りが立ち込め、噴気孔から吐き出される湯けむりの姿や、湧出口から泡をたてて出る源泉の風景が<鬼の棲む地獄>の由来となりましたとさ。」








なんと安易な(笑)  しかも鬼にまつわる伝説が特にないのは痛過ぎ!  シンボルにしては微妙じゃないっすか?(T∇T)




ささ、気を取り直して観光♪  先ずは名所「地獄谷」へ!





登別

(クリック可)


おお!





登別

(クリック可)


おおお!!  これこれ!  これが見たかったのですよ~v(。・ω・。)ィェィ♪





登別

(クリック可)


地獄谷という名前から殺伐とした、荒涼とした景観を連想していましたが、実際は生命力溢れるパワースポットみたいな雰囲気でした。 ここが登別温泉の源泉で一番大きな場所だそうで。 ここに入れば100%天然温泉ですね♪


確実にポックリ行きますが(笑)  さぁ、地獄パワーをもらったところで次の地獄へGO!ヽ(`・ω・´)ノ










お次の地獄巡りのため、この山の中をえっちらおっちら登ります。 朝早く誰もいないからちょっとドキドキだぜ!笑


15分ほど登り展望台到着。





登別

(クリック可)


大湯沼が見えて来ました!








登別

(クリック可)


大湯沼到着!  






登別

(クリック可)


すげー鉛色と湯気。 表面温度は50℃、最深部の温度は130℃!Σ(゚д゚;)   





登別

(クリック可)


写真右手前の黒く中州のようになっている部分、あそこに立つと沈むんだそうで(笑)


あと、山から出ている噴煙。 煙の量が多いと次の日は天候が悪化するらしいです。 初めて見たのでわかりません(笑)






登別

(クリック可)


大湯沼となりの「奥の湯」  負けず劣らずすごい光景です。






登別

(クリック可)


ボコボコと湧き出ている様は、かなり迫力あります。 お湯から発せられる熱も体全体に受けます。


ちょっと長居し過ぎてキモチ悪くなり退散(笑)



次の地獄へ移動~







登別

(クリック可)


「大正地獄」


注意書きに「稀に噴き出すことがあります。 十分ご注意ください」と。 かかったらヤバイですよ(笑)


ここの地獄は色が変化するんですって。 最初は青で、そこから温泉中の鉄分と空気中の酸素が混ざり酸化することで、どんどん色が鉛色になっていくんだそうで。 これ末期ぐらいの色か?笑








登別

(クリック可)


大正地獄から川沿いに進みます。 滝がキレイや






登別

(クリック可)


川は川なのですが、これ「湯の川」といい源流は先ほどの「大湯沼」と「大正地獄」。 つまり  100%天然温泉の川  という凄まじい川。 ほぼ地獄川です







登別

(クリック可)


程なくして足湯に到着。 めっちゃ風情溢れる造りで、自然を満喫しながらの足湯。 心配なのはその温度!  あんな源泉で、ホント入れるのか!?笑






登別


結果めちゃくちゃ気持ちよい温度でした♪  すごい効能のありそうな色!  






登別

(クリック可)


この景色を見ながらの足湯、最高に気持ち良かったです♪(^_^)  アブに2箇所刺されましたが(;´Д`)


意外と深さがあるので、体全体で浸かることも出来ます。 出来るものなら(笑)



追記:3日たっても刺された後がパンパン!  アブめ…(`Д´)





足湯の後は登別の温泉街に戻ります










学校裏、二宮金次郎と並ぶ「悩める鬼」










温泉街。 ここで「はちみつソフト」なるものを購入。 うん、ハチミツうっすい(笑)  ゆず蜜ジュースの方が美味いぜ、ねえちゃん








閻魔様  一定の時刻になるとしゃべり出すとか…









熊の輪切り。 そこに座るの申し訳ねぇな~(^^;









個人的に一番好きな鬼  



これにて登別温泉終了~   ここからまた来た道を下ります!










登別の街中に観光案内所があるのですが、そこでこの2つをゲット!  お次の室蘭案内と「元鬼」のキーホルダー?  なんと無料でもらえます♪


情報を教えてくれたアサコースターさんに感謝(≧o≦)  この焼き印も一つ一つ違い、自分の一番好きなものを選びます。



さらに案内所のお姉さんに室蘭の情報も教えて頂きサンクス!  ここから20kmちょい離れた室蘭目指して出発!







第二部に続く!





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/72-6c125501
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。