上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道、特に道東寒いです。とても7月半ば過ぎとは思えない気温。ウインドブレーカーが手放せません



7月16日、旅40日目スタート!  今日は道の駅「知床・らうす」で起床。










港が近いため、朝3時過ぎから鳥達が騒ぎます。おかげで幾度となく起こされ(^^;


今日は久々に7時前、6時40分に出発!  もう北海道の外周も半分ほど終わり、今日は久々に南下!  根室方面へ進みます









北の国関連みたいですが……観てないのでわからない!(T∇T)  スルーします









漁師さんたちが昆布漁をしていました。熊手のようなもので引き寄せ、船にこんもりと盛り盛り作業中。




しかし今日も向かい風!  風が強いためスピード出ず、平均15km/hほどで進みます。決してオレが遅いわけでは
ない!はずです









国道335号線を淡々と進み、40mほど進んだ標津町へ近づいて来ました。


しかしこの建物、ロシアに媚びてますねー。だから潰れたんだYO!






そしてなぜか気になってしょうがない「サーモンパーク」が近づいて来ました!(^_^)  サーモンパーク、どんな場所なんだ!?  胸が高鳴ります♪






サーモン


10時過ぎ「サーモンパーク」到着!  ここにはサケの仲間18種30種類以上を展示されており、サケ科魚類展示数が国内で一番多い施設!  サケに的を絞った施設、ハートを直撃しました!笑




受付を済ませ、いざ館内へ!  果たして入場料割引して480円の元は取れるのか!?笑







サーモン


ボケボケですがクリオネ展示中。肉眼でもわからんがな(;´Д`)






サーモン

(クリック可)


おぉ!  早速大水槽がお出迎え!






サーモン


なんだか忘れた(笑)






サーモン


ギンポたち






サーモン


やんのかこら~






サーモン


うは~!  なんだコイツ!  変な触覚、とぼけた顔、似つかわしくないひょろ長い体。どれをとっても愛らしいです(笑)





この大水槽、漁師さんたちが獲ってきた魚を水槽に放り込んでいくそうで、時期によって展示される魚が変わっていくそう。個体数が減少し「幻の魚」とまで言われる日本最大の淡水魚イトウや、デカイ岩魚の「アメマス」、いまが旬の「サクラマス」(これヤマメが海に降りたもの)や、近海で獲れるホッケやおひょうなどなど。


ちなみに淡水魚のイトウですが、海水にも適応出来るんですって。すげーな


そしてイトウは大喰らいでも知られ、自分の半分ほどもある獲物を食べちゃうことも。そして喉を詰まらせて死んでしまうこともしょっちゅうだそうな。世界最高記録はなんと2m10cm!  デカ過ぎ!






サーモン


北海エビって性転換するんですね。エビもすげーな。人間じゃ考えられん…






サーモン


寿司屋のサーモンってニジマスだったの!?  ショック!Σ(゚д゚;)  この薀蓄は使えますね(笑)








サーモン


館内に熊が!






サーモン


これはカッケといい、アイヌの人たちが鮭の皮から作った靴。4匹分の皮が必要だそうで、これで冬を過ごしたそうです。たしかに鮭の皮丈夫ですもんね 






てな感じでサーモンパーク終了!  かなりはしょってますが、他にも見所がたくさん!  イトウに餌あげたり、チョウザメに手をくわえられたり(チョウザメは歯が無い)、ドクターフィッシュあったりとけっこう楽しめました。


一般的な水族館とは違い、こういうマイナーなテイストの施設、大好物です(笑)  満足してサーモンパークを後にしました(^_^)






国道が変わり、今度は244号線を南下!  しばらくすると日本最大級の砂嘴(さし)、野付半島が見えて来ました!  砂嘴とは砂が堆積してできる土地のことで、ここでは砂嘴が半島を形成し、湾まで造り上げてしまってます。さすが北海道、スケールが違うぜ!


野付半島にはトドワラという海水に浸食され立ち枯れしたトド松があり、見たいとは思ったのですが、往復数十km。次回の楽しみにとっておいてやるぜこんちきしょー!(>_<)












道の駅「おだいとう」に到着。ここには展望室があり、野付半島や遠く国後島まで望むことが出来ます。北方領土資料館も併設され、興味のある方はぜひ!


ちょうどロシアの観光客の方々が来ました。彼らの目には果たしてどう写ったのか?


ちょっと脱線します。ここ北海道に来ると北方領土問題がとても現実味を帯びます。標津からだと国後島がわずか24kmほどの距離にあり、まさに目と鼻の先という感じです。こんなにも近くにあり、しかも日本の領土であった島が六十数年前に占領されたわけです。


しかし、じつは北海道もソ連による占領の危機にあったとはあまり知られていない事実。スターリンはやる気でした。もしソ連が強硬策に出て北海道に進軍すれば、ドイツや朝鮮のように分割統治の憂き目にあったかもしれません。


そうならなかったのは1945年8月18日、日本がポツダム宣言を受け入れ武装解除を行っていたにも関わらず、ソ連軍が千島列島へ上陸。ここで立ち向かったのが占守島(しむしゅとう)の守備隊の方々。自衛戦闘の名の下に戦闘を行い、ソ連軍に対して優勢に戦いを進めました。


21日、命令により停戦となりましたが、この方々の行った戦いによりソ連は3000名を超える死傷者を出し、大幅にその後の予定が狂うこととなりました。


この損害と予定の遅れにより北海道の分割統治は避けられた、そう言っても過言ではないと思います。


しかし自衛戦闘を行っただけの日本軍の将兵は残らずシベリアへ連行され、強制労働。多くの方々が二度と日本の土を踏むことが出来ませんでした。


条約を無視して戦闘を行ったソ連軍、その後の強制労働など、あの国が日本に対してなにを行ったのか。決して忘れてはならないと思います。


北方領土が返還されない限り、本当の意味での戦後にはならない、そう思います。



長々と脱線失礼しましたm(._.)m










そんなことを考えつつ走っていたら根室市入り!(^_^)  うほほ~♪










ホルスタインに癒されます♪









17時50分、厚床(あっとこ)の駅に到着!  ここは無人駅のため今日はこちらで寝かせていただきます!  近くにセブン・セイコマ・商店があるため便利♪  最終便が来るまでは待機します









同じく駅泊まりの尾上くん 22歳!  オーストラリアにワーキンホリデイで行く予定で、その合間に日本1周中。一日120~150kmをコンスタントに走るという化け物です。はっきり言っておかしいです(笑)  最高は180kmだそうで。化け物だ


若さゆえのパワーなのか、彼がおかしいだけなのか。自転車も同じだし、個人的には後者と考えたいです(笑)


しかし22歳で海外を考えていたり、やりたいことも考えていたり、22歳にして旅も自分のお金でと、めっちゃしっかり者。かなり刺激受けましたよ(・ω・)b










そしてホントは写真NGのお母さん、68歳にして北海道1周中!  すごい!  荷物がっさり積んでいて、これで知床峠も越えて来たしとパワフルな方。


人間やる気になれば何歳からでも出来る!  そんな風に思わせてくれる方です。オレも負けてらんねぇ!





3人で談笑しつつ、列車の最終便後就寝。初駅でしたがけっこう眠れるものですね(^_^)  明日は最東端の納沙布岬に行きます!  向かい風勘弁や~







走行時間  7時間11分
走行距離  111km


累計走行距離  2355.2km







チャリコプター(風力発電)発電状況


 ●    ●    ○    ○

 25   50    75   100(%)



50%以上。変化ナシ!笑











ブログランキング参加しました。バナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさんとりあえずクリックして!笑  1クリック詐欺ではないのでご安心を(・ω・)b

宜しくお願いします。↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村





 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/59-986d067a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。