上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 6月14日、8日目スタート!


この日は前日泊めて頂いた八戸市のマグロさん宅で起床。マグロさんはお仕事のため7時30分にお別れ。起きれて良かった!笑


本当にありがとうございました!m(o・ω・o)m  旅を終えたら、今度は自分が旅人に優しくしたいです!









朝ごはんまで作って頂きました!  いや本当に感謝感謝です。なにからなにまですいません(^^;



この日も寒い上に向かい風!  そして八戸の港観光へ。片道十数キロ程寄り道♪  なんでもウミネコの生息地があるとのこと。面白そうだ!









道を間違えて(笑)だいぶ遠回りしてフェリー埠頭着。








船!  テンション上がるわ~(≧o≦)  この船は後ろから車入るかと思いきや、船首部分が横開きになりそちらから入るそう。








橋の上から八戸市。大きい港町ですね!  こんなに大きいところだと思っていませんでした。









フェリーターミナルから6~7kmくらいでウミネコの島こと「蕪島」へ到着。いや笑っちゃうくらいウミネコしかいません!d(>_< )Good!!








なんと島に人がいました!  右端、ウミネコの人だかりになってます(笑)  飼ってるのかい?笑








その後来た道を戻ります。先ほどの橋上の反対方向。ホント八戸大きい港ですね。飼料の工場など乱立していました。








45号線へ戻り、北上します。青森まで100km切りました!  現実的な距離になって来ました♪  行かないけど!笑


そこから20km先の三沢へ行きたくなったので、338号線へ進路変更。この時点でお昼すぎだったので、あまり寄り道しないようにします!








ダメでした(笑)  「日本一大きな自由の女神」という看板を見かけたら寄らねばならないでしょう!笑  写真ピンボケですm(o・ω・o)mゴメンヨ








んで近くから。確かに大きいです。実物の4分の1で20mくらいだったはず。なんでこのおいらせ町に自由の女神があるのか?


なんでもニューヨーク市と緯度が同じなんだそうです。










ここの公園もキレイに整備されています。ちょうどご飯処があったのでトンカツ定食食べました♪


そして味噌汁の一口目を飲もうと手に取ったその瞬間!!  味噌汁、こぼしました(笑)  もう下半身味噌まみれです(>_< )  皆さんも味噌汁には気をつけてください♪








味噌まみれのままチャリを漕ぐこと15kmほど。三沢市の空港近くサイクリングロードへ。あ、看板の文字は気にしないでください。そんなまさか行くわけ……









来ちゃいました(笑)  航空科学館!  ここは三沢基地のすぐ隣のため離着陸する米軍機や、自衛隊の機体がバンバン見れます。好き物にはたまりませんな~(≧o≦)





いざ館内へ!  ここからデジカメで撮りました!笑  クリックすると大きい画面に変わります



三沢


愛嬌あるずんぐりむっくりの機体「ミス・ビードル号」  この機体が史上初の太平洋無着陸横断を成し遂げた機体です!  すげぇ!


1931年10月4日に三沢の海岸から飛び立ち、北太平洋周り(アラスカ)でアメリカ大陸に無事着陸。飛行時間じつに41時間!


この頃の飛行機はエンジンの信頼性が低く、加えて与圧装置(高い高度で飛んでも寒くない装置)がないため、極寒のアラスカ上空を飛ぶときは寒さに耐えるのみ。もちろんレーダーなんてありませんから、夜間飛行は地図と星座を照合して飛ぶという、飛ぶだけで危険な感じ。


これで太平洋横断なんて、まさに大冒険な時代だったわけです。


う~ん、すごい愛おしく見えてきた!笑



三沢


後ろより。




三沢


戦後初の国産旅客機こと「YS-11」  いまでもファンの多い名機です。この機体については長編映画が作れちゃうほどのドラマがあり、涙ナシには語れません。


はい、割愛します(笑)  ただ個人的にはこの機体って設計上のミスやトラブルが多く、決して優れた機体だとは思いません。それよりも戦後間もなく”国産”の旅客機を飛ばした!っていう歴史的な意味での名機だと思います。戦後のテレビ放送で外国人レスラーをやっつけて、日本に元気をもたらした長州力などと同じだと思います。




三沢


YS-11の前輪。このダンパー欲しいなぁ。チャリに着けたら!笑



三沢



旅客機なだけあって座席があります。たしか60人ほど。なんだか新幹線みたい




三沢


近くにあった1940年頃の液冷エンジン。これもチャリに……(笑)  いや愛車のマーチに載せたい!




DSCN2083.jpg


二階より




DSCN2077.jpg


日本人なら誰でも知っている「ゼロ戦」  映画のために作られたレプリカだそう。確かになんか変




DSCN2080.jpg


と言いつつやっぱり撮っちゃう!




DSCN2087.jpg


ここは科学館というだけあり、施設の半分は科学コーナー。重力感じたり、月面歩行を疑似体験できたり、竜巻どうやってできるの?などなど、子供が体験できながら楽しめる内容です。


子供よりもはしゃいで、一番楽しんでいた味噌臭い27歳がいたとかいないとか……(・ω・)




DSCN2084.jpg


自分が浮き上がる装置。怖い(笑)  気分はスターウォーズのハン・ソロ!?




三沢


さーて外に行きましょう!  たくさん並んでいます♪(。≧Д≦。)



三沢


イケメンな機体ことF16。安い・強い・カッコイイと三拍子揃ったベストセラー機です。んで日本はなぜかこの機体をいじくりまわして(笑)めっちゃ高額な機体として導入してます。さすがです




三沢


F104。戦闘機とは名ばかりの直線番長。つまり真っ直ぐ早く飛ぶのが命!という戦闘機失格な彼(涙)  あまりにも着陸時の事故が頻発したため未亡人製造機というあだ名もあり



三沢


あ、コックピットが開いている!



三沢


座っちゃいました(笑)  いやーたしかに狭いです。でも感動です(T∇T)



三沢


こんな感じです。コックピット汚してすいません(笑)



三沢


ペイントがカッコエエ!



三沢


映画で良く見るこのヘリ。「OH-6」という大ベストセラー。



三沢


もちろん乗ります!  すげー視界いいです。良過ぎて怖いくらい!笑




三沢


近くのファントム爺さん。





三沢


訓練用のプロペラ機がありました。



三沢


もちろん乗りました♪(^_^)  なんかアナログ感満載でいいっす!  これで飛んだら気持ちいいだろうな!




三沢


コックピットから主翼眺めた図。視界抜群。





いやー最高でした♪  遠回りして三沢へ来た甲斐がありましたよ!  男なら一度は来ましょう(笑)


その後は県道8号線へ戻り小川原湖近くにある道の駅目指します。








16時50分、道の駅到着。ちなみにこの三沢~小川原への8号線ですが車通り多く、歩道・路肩ナシという最高の道路でした♪








しじみ汁 150円。小川原湖は汽水湖のため(海水と淡水が混じってる)、しじみなどが名産。他にも魚介類が豊富な素晴らしいところです。








しかし、しじみソフトはどうなんでしょう?  腹の具合により挑戦不可でした。良かった(笑)








しじみラーメンなど美味そうです。




その後道の駅から程近いスーパーへ行き、温泉へ。この辺りの料金は激安で200~300円がほとんど!  その分石鹸などは備え付けありませんが、泉質もよくめっちゃいい温泉でした(・ω・)b



19時頃小川原湖の湖畔にあるキャンプ場へ到着。やや風がありましたが、まぁエアライズなら大丈夫だ!  と気にせず張りました♪


22時過ぎ就寝!  疲れたぜ!  なぜだ?  はしゃいだからか(笑)




走行時間  5時間6分
走行距離  78.4km





ブログランキング参加しました。バナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさんとりあえずクリックして!笑  1クリック詐欺ではないのでご安心を(・ω・)b

宜しくお願いします。↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/26-7c489ea8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。