上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもべこです!   長崎、古くから日本と海外を結ぶ港町として、鎖国下の江戸時代においても唯一開かれた貿易の街。   古来より長崎が持っていた風土の美しさに加え、異国の文化も溶け込んだ長崎ならではの景観は本当に素晴らしい!   ハラショー!


ということで、今日は一日長崎観光!   ボリュームたっぷりなので、前・後編にわかれます。   めんどうになったら写真貼り付けで済ませますのでご勘弁を!笑


4月19日、散歩231日目スタート!







IMGP1745 2


水辺の公園で起床。   まぁあまりおススメできる場所ではありません(笑)   起床してすぐにテントたたむ。


長崎の中心部!と言っていいほどの立地のため、すぐさま観光開始!   時間が早ければ観光客も少ないですしね!






IMGP1746.jpg


一発目は「大浦天主堂」


「カトリックの教会堂で、1865年(元治2年)に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物。正式名は日本二十六聖殉教者堂。その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂で、殉教地である長崎市西坂に向けて建てられている。   1953年(昭和28年)に国宝に指定された。」(wikiより引用)


ここが当時の教皇をして「東洋の奇蹟」と言わしめた、隠れキリシタン発見の場所。   迫害に耐え、代々教えを守り続けてきた彼らは、敬虔なキリシタンの鏡!ですよね!


今日はご覧の快晴で観光日和!   白亜の建物と青空のコントラストがなんとも言えねぇ!







IMGP1747.jpg


300円で入場。   内部は撮影禁止!   コウモリ天井とステンドグラスなど、美しいものでした。   But! キリシタンでない私は場違いなので退散します。







IMGP1749.jpg


隣には「旧ラテン神学校」   明治8年(1875)に完成した神学校で、現在はキリシタンの資料館になっております。   簡潔にですが、ここでザビエルによる布教から、迫害の時代、大浦天主堂創建へと一連の流れを学べます。







IMGP1750.jpg


そのまま、長崎の観光名所「グラバー園」へ繋がっております!   8時過ぎた頃からお客さんが続々と増えて来た!   長崎の朝は早いな~笑


600円(アウチ!)を支払い入場!   「グラバー園」はグラバー邸を始め、幾つかの様式住宅や明治期に建てられた建築物が移築、展示されている広大な庭園(?)。







IMGP1751.jpg


おぉ!   これが旧グラバー邸!







IMGP1752.jpg


ん~、金持ち!笑


ここグラバー邸は、トーマス・ブレーク・グラバー(1838~1911)が1863年に建てた日本最古の木造西洋風建築。   クローバー形の建築がトレードマーク。


その主であったグラバー氏の紹介をば。   1859年、長崎開港と同時に長崎に渡来し、グラバー商会を設立。   長崎茶の輸出が本業でしたが、時代は幕末。 他の商会同様、武器・船舶も取り扱い、薩長と仲良くやっておりました。   そのため幕末の志士たちとも交流が深く、藩士らの英国留学を手伝うなど積極的に支援。


明治後も日本産業近代化の先頭を走り、日本で最初の蒸気機関車の導入、西洋式ドックの建設、三菱と組んで炭鉱業を勤めたりと、日本に多大な貢献をした方。   麒麟麦酒の前身の会社を立て直したの彼。   三菱の創始者岩崎弥太郎、そして2代目社長の弥之助とも親交が深く、よき相談相手でもあったそうです。


1908年には外国人として初(?)の勲二等旭日重光章を授与。   彼がいなかったら日本史は違ったかもしれませんね~。   さぁではお宅拝見!(・∀・)







IMGP1754.jpg


応接間








IMGP1755.jpg


隠し扉もあったりします。   あそこに討幕派の志士を匿っていた、と言われております。   坂本龍馬らが設立した亀山社中とも取引があったそうなので、龍馬もあそこに隠れていたかもしれませんね~(^_^)








IMGP1759.jpg


素敵な温室。   ん~、やっぱブロジョアジ~笑








IMGP1757.jpg


外に出ればこの景色。   高台にあるグラバー園は素晴らしい眺めです♪









IMGP1760.jpg


園内にはハートストーンが2つあるそうです。   ちょうど中学生が発見したので、ありがたくパシャリ







IMGP1763.jpg


自由亭。   江戸時代の終わり頃に開店した日本で初めての西洋料理レストラン。   それを移築したもの。








IMGP1764.jpg










IMGP1768.jpg


「旧三菱第2ドックハウス」


これは修理のため船が造船所に入っている間、乗組員が宿泊した施設。 明治29年建築。   すんごい立派ですな~







IMGP1769.jpg


信じるか信じないかは貴方次第。   そんな某テレビ番組を思い出す、フリーメイソンのマークが刻まれた門柱。   まぁフリーメイソンがただの慈愛団体ではないかもしれませんが、アレは色々とぶっ飛び過ぎでしたよね(笑)   こじ付けが多かった。   全ての事象が都合良く自分の考えを証明するための出来事、そんな感じでしたよね。 まぁ色んな意味で面白かったけど(笑)







IMGP1770.jpg


旧オルト住宅。  長崎に残る石造りの洋風住宅の中では最大のもの!   ちょっとした神殿なみにデカイです







IMGP1772.jpg


明治20年創建の旧スチイル記念学校。







IMGP1773.jpg


園内には日本最古のアスファルト道路が存在!w( ̄△ ̄;)wおおっ!









IMGP1777.jpg


最後は長崎伝統芸能記念館。   「長崎くんち」と呼ばれる祭りの山車で、船の形をしております。







IMGP1778.jpg










IMGP1780.jpg


エロ鯨(笑)


これにてグラバー園終了!   さすが観光名所、めっちゃ楽しめます♪








IMGP1781.jpg


今度はオランダ通りを進み、、、








IMGP1793.jpg


「オランダ坂」へ到着!







IMGP1782.jpg









IMGP1783.jpg


ホント、素敵な街並みですね~。   当時の長崎人はオランダ人だけでなく、西洋人全てを「オランダさん」と呼んだそうで、外国人居留地だったこの土地にある坂は、オランダさんが多く通ったためこの名が付いたそう。


しかし!  オランダ坂は有名過ぎるが故、じつは「がっかりスポットでは?」とも噂されるエリア。   だって基本坂道ですから(笑)   過度な期待は禁物です。   まぁ男にとっての楽しみはオランダ坂が「女子大」に通じる道であることでしょう!


「全ての道はローマ女子大に通じる」  これぞ男のロマン!笑







IMGP1784.jpg


さぁそんなお馬鹿さんに対し、坂の街長崎も本領発揮!   20%ってなんすか(゚д゚;)  足に来ますよ(笑)    自転車置いて来て正解ですわ







IMGP1785.jpg


孔子廟は有料のため外観だけ







IMGP1788.jpg


さぁオランダ坂を楽しむため「東山手洋館群」を散策。   先ほど触れましたが、この一帯は元々外国人居留地でした。   外国人は勝手に住まわせずに、居留地と呼ばれるエリアにまとめて住まわせました。   こうして洋館群と呼ばれる名所が出来上がったわけです。


内部は撮影禁止でしたが、なかなか面白いスポットでした(^_^)   さぁオランダ坂終了!







IMGP1794.jpg


数百mで長崎の中華街。   めっちゃ小さいです。   活気も無く入る気さえ起きない(笑)


移動移動







IMGP1795.jpg


市内は路面電車が走り回っておりますが、これは怖い(笑)   自動車と電車の共生は九州ならではの光景っすな~(・∀・)







IMGP1796.jpg


出島へ到着!   江戸時代、鎖国政策を採った幕府でしたが、唯一この出島だけオランダへの門戸を開きました。   おかげで細々ながらも長崎には異文化が入ってくる土地になり、日本で大きな役割を果たす場所になっていきました。


出島の建物は修復・再現され、楽しめるそうです。







IMGP1799.jpg


500円に死ぬほど迷い、撤退(笑)   な~んか微妙そうな気がして







IMGP1800.jpg



これで十分!   江戸当時からの石垣。  出島は埋人工の島、その一端を垣間見れて良かった!







IMGP1801.jpg


お次は眼鏡橋~


現存する日本最古のアーチ型石橋!






IMGP1802.jpg


鼻もある(笑)   さぁ時刻は12時!   腹減ったぜ~








IMGP1804.jpg


駅前を散策し、こちら「飛龍園」へ!   この雰囲気が気に入った!笑








IMGP1805.jpg


ちゃんぽん並 600円


美味す美味す♪   しかし麺が茹で過ぎ?(^^;   いや、これが本来のちゃんぽん麺なのか!?   比較対象がリンガーハットのみの自分にはわからず(笑)


味は至って普通ですが、地元のお母さん達が接客してくれるお店の雰囲気が良かったです。   ほんわか~♪   最高に美味いけど接客ダメダメのお店と、味は普通でも感じの良いお店だったら、私は迷わず後者を選びます!


元接客業はウルサイのです(笑)   さ、食後は軍艦島ツアーのため移動移動!








IMGP1806.jpg


「観光丸」   えらく直球な名前ですね(笑)   張りぼてかと思ったら、自走するそうな。


と、気になって調べたら本当に観光丸という船がありました!   江戸時代後期にオランダから幕府へ贈呈された艦で、幕府海軍の練習艦として長崎伝習所(海軍の学校)に在籍していたそうです。   wikiによると「観光とは、中国の『易経』の「観国之光(国の光を観る)」からとったものである。ちなみに観光旅行等の「観光」は、この後にここからとった言葉であるという。」だそうな。


こやつは1987年に復元されたそうです。


さぁ、これで午前の市街地観光終了!   午後は軍艦島へ!









お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん1クリックをよろしく!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/254-e812b967
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。