上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもべこです!   知覧、、、ご存知の方も多いと思いますが、知覧には特攻平和会館が御座います。   旧軍時代、本州最南端の陸軍航空訓練基地として誕生しました。   しかし、戦局も押し迫った沖縄戦時は、訓練基地から特攻の基地へと様変わりした場所であります。


沖縄戦時には1036名を越える特攻隊員が出撃しましたが、知覧の基地からは436名もの方々が出撃しました。   全国各地から集まったパイロット達はここで最後の数日を過ごし、沖縄に展開する米艦隊へ向けて出撃して行きました。


知覧の平和会館には隊員の方々の遺書や直筆の手紙、遺品などが展示されております。   多くの方にここだけは絶対行くべき! そう言われてきました。   私もこの目で見て参ります!



4月4日、散歩216日目スタート!   今日は鹿児島市から指宿(いぶすき)まで!










IMGP1185.jpg


鹿児島市内の谷山緑地公園にて起床。   久々の公園だったので不安だったのですが、、、全くの杞憂に終わり、バッチリ眠れました(笑)   だいぶ神経が太くなったようです(・∀・)


さぁいつも通り準備に手間取り(笑)、午前8時に出発!   先ずは226号線を進みます。








IMGP1187.jpg


しばらくしてロケット視認。  恐らく錦江湾公園のものでしょう。   意外とレプリカって全国に点在しているのですよね~







IMGP1188.jpg


はい、途中から23号線へと分岐します。   ここからは長~い登り坂!(ノД`)   久々のヒルクライムで筋肉が悲鳴を上げる!   ガチで音を上げそうになる!笑


やっぱり1ヶ月半にも及ぶ自転車なしの生活は、恐ろしく体を鈍らせてしまいました。   まぁ屋久島で乗ってりゃこんなことにはならなかったのですが(笑)   それでもヒーヒー言いつつ高度を上げ、








IMGP1190.jpg


YES!   峠を越しましたぁ!(T∇T)ノ   左手の山は桜島でしょう。   いつ見ても! わっぜぇ良い!(・∀・)   恐らく桜島とはこれでお別れ。   目に焼き付け、前さ行くべか!


峠を越えたらすいすい~っと下り、







IMGP1192.jpg


9時57分、知覧の街中へ到着!   知らなかったのですが、知覧は武家屋敷が立ち並び「薩摩の小京都」とも呼ばれているそうです。   寄り道しましょ♪(^_^)







IMGP1194.jpg


おぉ、いい街並みじゃないっすか!   江戸時代、薩摩藩は百十三の外城(とじょう)に呼ばれる区画分けをし、藩を治めていました。   そしてそれぞれの区画には行政を司る御仮屋、麓と呼ばれる武士団のの居住区、そして町家・集落と続いたそうです。


この周辺はもちろん武家屋敷なので麓と呼ばれる場所。   いまでも人が住んでいらっしゃります。







IMGP1195.jpg


無料で見学出来る場所もあるので、お邪魔します。   この屋根が2つあって、それを小棟で繋ぐ造りを「知覧型二つ屋根」と言うそうで、ここだけの造りだそうです。








IMGP1200.jpg


おとこ玄関とおんな玄関、二つの玄関があります。







IMGP1199.jpg


家内。   囲炉裏で木を焚いている最中で、家の中に煙が充満しておりました。   煙で燻しているのか?









IMGP1202.jpg


知覧茶とようかん2種セット 200円!   知覧はお茶の産地なんですって!   知らなかった!   確かにここに来るまでの道のりにも多くの茶葉が栽培されておりました。


お茶、美味い!(・∀・)   ようかんと合うぅ~~♪   和菓子最高や!







IMGP1203.jpg


気になった橋。







IMGP1204.jpg


国道の通る現在の街の中心には、道路のわきに水路があり、、、







IMGP1206.jpg


ヤツラも存在しております(笑)   ホントどこにでもいるな、キミタチは。


街中より少々進み、、







IMGP1207.jpg


11時25分、知覧特攻平和会館前へ到着!








IMGP1211.jpg


特攻隊員の碑の近くに、映画で使用された復元モデルの旧陸軍一式戦闘機「隼」   木立ちの木漏れ日を受ける姿は、兵器とは思えない佇まいです。  もちろん実機は特攻にも使用されていましたけどね……


この機体も平和な時代に生まれていれば、また違った印象を持っただろうな~







IMGP1212.jpg


さぁでは、本丸の会館内部へ行きましょうか。   残念ながら、館内は全面撮影禁止(T∇T)   もちろん特攻隊員の方々の遺品・遺書を撮る気はさらさらありませんが、せめて館内にある機体は撮らせて欲しい(ノД`)


ここ知覧特攻平和会館には恐れ多いのですが真面目半分、趣味半分なんです。   なぜならここには日本でここにしかない航空機が2機もあるんです!   三式戦「飛燕」と四式戦「疾風」   どちらも旧陸軍の戦闘機で、もちろん本物!   もうね、好きモノにはたまりませんよ。


昔は撮影出来たそうですが、いまは撮影できないのです(ノД`)   本当に残念……   機体のことを語り出すと止まらないのでヤメテおきます(笑)   幸い写真もないし(笑)


ただ言いたいことが二点!   先ず「飛燕」   この機体、正確には「飛燕Ⅱ型改」と言いまして航空機審査部所属の機体でした。   早い話、特攻には全く縁のない機体だったのです。


しかし!   展示中の機体は帝都防衛の任務に就いていた飛行第244戦隊の塗装がなされており、これは日本本土を爆撃に来るB-29への体当たり部隊(震天制空隊)の塗装でした(日本は高高度で侵入するB29に対しても、機銃・防弾装備を取り払った戦闘機で体当たりすることでしか対抗できなかった…)。   なのでこの機体が爆弾を抱えているのもオカシイし、Ⅱ型がこの塗装なのもオカシイ。


特攻の会館ということでこの塗装と爆弾を抱えさせたのでしょうが、これは非常に残念です。   せっかく特攻に縁のなかった機体(しかもⅡ型は激レア)を特攻機に仕立てるのは、機体が可哀想。



そして四式戦「疾風」   こちらは違う意味で残念な機体。   米軍に接収されテストされた後はアメリカ各地を転々とし、アメリカ在住時は飛行可能な状態でありました。   昭和48年10月、好意により日本に里帰り!(T∇T)   航空自衛隊入間基地で開催された1973年航空宇宙ショーにて、その雄姿を見た多くの日本人を感動させたのですが、、、残念ながらこれが「疾風」の最後のフライトとなってしまうのです(ノД`)


その後、日本各地を転々とする内に残念ながら二度と飛び立つことが出来ない機体となってしまいました。   まぁ平和なんだからそれもいいっしょ?とも思いますが、この飛行機にとって飛べることと飛べないことのどちらが幸せなんだろうか?   出来れば元気に大空を舞って欲しいな!


あぁ結局語っちゃた(笑)   ほぼ愚痴っすね(^^;



そしてメインの展示である特攻隊員の方々の遺書や手紙、遺品の数々。   これは、日本人であるならば絶対に一度は見ておくべきです。   10代20代の彼らが家族に宛てた手紙はとても暖かく、家族への愛溢れる、いつの世でも変わらない普遍的な人間愛が垣間見える手紙でした。   確実な死を目の前にした精神状態、その中であのような言葉が出てくるだろうか……


そして、忘れてはならないこと。   彼らが死を迎えるにあたって、「なにを」後世の人々に託したのだろうか?   色々とあると思いますが、残された者には「幸せになって欲しい」  私はその愛を感じました。


多くの手紙には「国のため、みなのため、死んできます」という言葉がよく出て来ます。   しかしこれを自己犠牲に満ちた美しい言葉、として片付けてはならないと思います。   人は”不条理な自分の死”に対して意味付けをせずにはいられない。   軍人の方なら戦艦大和の臼淵大尉の言っていた、

「進歩のない者は決して勝たない 負けて目覚める事が最上の道だ 日本は進歩という事を軽んじ過ぎた 私的な潔癖や徳義に拘って、本当の進歩を忘れてきた 敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか 今目覚めずしていつ救われるか 俺達はその先導になるのだ。 日本の新生に先駆けて散る。まさに本望じゃあないか」

この言葉はやはり自分の死に対する意味を求めた結果だと思います。



彼ら若者が「死んできます」と言えたのも、若者だったからこそかもしれません。   若者は教育によって、色々な色に染まってしまう。   いまの中国や韓国を見て思いませんか?   もちろん馬鹿にしているつもりで言っているのではありません。


なぜ彼らが自分の死に対して意味付けをするほど、特攻という不条理な死を遂げねばならなかったのか?   彼らを不条理な死に追いやった日本人は?   なぜそれが許されたのか?   日本の体制・構造がおかしいのでは?   知っている歴史は本当のこと?   情報操作されていない?


私を含めてですが、そのことを考えたことがあるでしょうか?   そこまで考えて自分の考えを持たないと、、、本当の意味で「目覚めたこと」にはならないと思います。   確かに日本は戦後多くの素晴らしい方々の努力により、経済大国として豊かな国になりました。  でも、いまの日本が「本当に目覚めた国」でしょうか?


私も戦争はしたくありませんし、出来ることなら世界の争いが無くなって欲しいです。  ではそのために必要なのは?

なぜ争いが起きるのか、それを考え理解することでしょう。


そこには往々にして一部の人間の欲が見え隠れし、そこに「正義」というあやふやな価値観を植え付けられた人々が最前線に立つ。


第二次世界大戦は日本が悪かった、戦争は悪い、戦争反対!という教育は、思考停止した人間を大量生産してしまうシステムです。  それが国にとっても都合が良かったのでしょう。


多くの日本人の弱点、流されてしまう意思決定、事なかれ主義、欠如した歴史観などなど、日本人の持つ弱さを見つめ直さない限り、本当の「目覚め」にはならないと思うのです。


ただ、彼らの言葉を安易に引用することは、軽率のそしりを甘受せねばなりませんし、彼らの言葉で自分の意見を正当化しているだけかもしれません。   だから、私の意見も一つの言葉として聞いて欲しいのです。


いまや経済成長期もなく(アベノミクスはまやかし)、人々は「本当の幸せってなに?」と考え始めている時期に差しかかっていると思います。   日本に住む一人一人が大きな岐路に立っているその中で、彼ら特攻隊員の方々の言葉や、臼渕大尉の言葉が、不思議と身に染みるのです。   「日本人よ、目覚めよう!」と。   いまこそ彼らの言葉に触れる時代だと思っています。



日本人は日本人を、歴史を客観的に見つめ、自分で情報を集め・考え・意思決定をすることを長らく忘れて来ました。   恐らく徳川時代の滅私奉公により培われた精神なのでは?と愚考します。   2年前の震災により、自分達がいかに情報操作されていたのか気付いたかと思ったものですが、残念ながら多くの方はまた”偽りの日常”に戻ってしまいました。   あの震災も日本人が目覚める切っ掛けだったはず…


自分で考え、決定することは責任も勇気も伴う行為で、ともすれば周りからも叩かれる。   しかし、先人達の想いを忘れたくないならば、、、簡単なことです。   

自分で情報を集めましょう。   信頼できる情報発信源を複数持ちましょう。   頑張っている人に会いに行きましょう。


そうすれば、いつの間にか立派なはみ出し者になってますよ(笑)   目覚めよう!   日本!



知覧に行った際は涙を流すだけでなく、その涙の先にあるモノ、それを是非考えて欲しいです(^_^)   考え・感じ方は人それぞれ。   もし、私の意見が参考になるのであれば、本望です。


皆様、長文お付き合いありがとうございました。   めちゃくちゃ語ってしまった!笑   どうもこの手の話になると止まらない悪いクセ(笑)   ま、今後出てきたときも「またか」と生暖かい目で見守ってください♪(・∀・)









IMGP1214.jpg


会館を出ると、三角兵舎の復元がありました。   これは特攻隊員たちの寝泊りする場所で、敵から守るために偽装されていました。   ここで最後の数日間を過ごし、遺書を書いたりしたのですね…



さぁ時刻は15時過ぎ!   これにて知覧を後にします。   また一つ、心がクリアになりました。   ありがとうございましたm(_ _)m









IMGP1215.jpg


知覧からは指宿方面に抜けるため、232号線で一気に海沿いまで進みます!   まぁしかし知覧は盆地にあるため、まもやアップダウンの連続!(ノД`)   これが応える~~笑


しかし! ブランクがあるとは言え、そこはここまでの旅で培ってきた我が筋肉んたち。   徐々にその力を目覚めさせます!   来た、来た! この感覚!   遅いんだよ!笑   







IMGP1216.jpg


途中、縄文杉のレプリカあり。   う~ん、感動なし!笑   このまがい物を通り過ぎると、あとは海まで下り坂!(・∀・) ウヒョヒョヒョ







IMGP1217.jpg


16時46分、海沿いの226号線へ合流!   ここから指宿まで20km!   ひたすら南下~







IMGP1218.jpg


17時16分、道の駅「いぶすき」へ到着!   ア、アカン。 休憩や!笑







IMGP1219.jpg


道の駅と言ったらやっぱコレ!笑   ソフトクリーム♪( ´艸`)   これはカップの下に熱々の安納いもを敷き詰め、そこにお好みのソフトクリームをトッピングした一品!   トッピングは人気No.1の「びわ」!


ウホッ!  びわソフト激ウマ!   これ、いままでのソフトでもめっちゃ美味い!   そしておいもさん!   こちらも美味い!   しかし熱くてソフトが溶ける溶ける(笑)


結論。 「ソフトのみでよろし」笑   皆さまお気をつけを



さぁ休憩後は指宿へGo!







IMGP1220.jpg


はい、そして20時過ぎには無事寝床確保。   指宿西公園ですがばっちり軒下ありの素晴らしい公園。   2日連続でツイてる~♪


指宿は砂蒸し風呂などで有名な温泉街ですが、、、まぁ今回はパス(笑)   砂蒸し高いし(^^;




明日は百名山 開聞岳登山!   山っすよ、山♪





走行時間  4時間27分
走行距離  70km


累計走行距離  11013.6km









お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん1クリックをよろしく!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/242-10cdc4f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。