上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもべこです!   屋久島は「洋上アルプス」の異名を取る島。   九州最高峰を誇る宮之浦岳(1936m)、そして永田岳(1886m)、黒味岳(1830m)の屋久島三山が島の中心にそびえ立ち、その三山周辺にも1800m級の頂が多く存在。


そしてその中心部を取り囲むようにして1000m前後の山々が連なり、平地は海岸と山の裾野のわずかな部分。   海近くまで山がせり出したその島の姿は「洋上アルプス」の異名に恥じぬもの、と納得します。   さらには山頂付近には巨岩が散在し、ここにしかない独特な景観美を作り出している。


もうね、雑誌の宮之浦岳の写真を見ては、来る日も来る日も端整な出で立ちの宮之浦岳へ想いを募らせていました。   片想いの女子のように(笑)


そして本日!   意中の相手である宮之浦岳登山へと向かいます!(^_^)   縦走コースで山小屋一泊♪   ちょいと不安はあるものの、めっちゃくちゃ楽しみだ~~!!



3月25日、散歩206日目スタート!   RH「とまり木」で起床!   よし、足のケガもだいぶ治った!   8時半、バスに乗るため移動!









IMGP0860.jpg


9時過ぎ、屋久杉自然館前のバス停へ到着!   ここから淀川(よどごう)登山口方面、紀元杉までバスで行きます。   すでに3kmほどザックを背負っての自転車ヒルクライムを敢行したため、疲れました(笑)


宮之浦岳へのルートは幾つかあるのですが、基本は一泊コースとなります。   唯一日帰り可能コースは淀川登山口から早朝出発コースですが、淀川までの足がないので日帰りコースは却下。   え?   自転車漕げよって?   15kmもヒルクライムする根性を、私は持ち合わせておりません(笑)


残りは、、、

① 荒川登山口から入り、縄文杉を見つつ、高塚小屋or新高塚小屋泊。  翌日宮之浦岳登山し、淀川登山口へ抜ける縦走コース。

② 淀川登山口から入り、宮之浦登山し、小屋泊。  翌日杉を見つつの荒川or白谷雲水峡へと抜ける縦走コース。


この2パターン。   ①はバスが早朝からあり、バスを利用する前提だと安全コース。   というか常識的にはコチラを選択するのがベターっす(笑)

②は淀川までのバスが遅く、コースタイム時間計算だとキッツキツ。   コースタイムで計算すると山小屋に到着するのが18時というお馬鹿さんです(笑)


で、私はもちろん②コースです(笑)   なぜかって?   今日はむちゃくちゃ天気良いんです!   山の天気は乙女の心のように変わりやすいもの、と乙女の心をこれっぽちも理解していない芋男が言うのもなんですけど、まぁとかく天気は読めないんですわ。


ならば晴れた日、それすなわち山に行け! というのが私の行動原理になってまして、だから前日の18時頃に突然「宮之浦岳行ってくらぁ!」と皆を唖然とさせたわけです(笑)



ほんで、淀川登山口まで一番接近する紀元杉行きのバスが9時26分にここ自然館に来るのです。   9時過ぎですよ、9時過ぎ。   山なめてんのか(`Д´)   オレが(笑)









IMGP0863.jpg


無事バスに乗り、うたた寝をしつつ10時19分、紀元杉到着!   見たかったから一石二鳥だ♪(・∀・)   登山前の景気付けと行きましょう♪








IMGP0864.jpg


人との対比で初めてその大きさが伝わりますね。   写真の腕?  勘弁してくださいm(_ _)m


ささ!   見とれるわけには行きません!   今日はマジで1分1秒たりとも無駄に出来ないので、ここから淀川登山口へ向けて1.6kmほど車道を歩きます!   焦ってもしょうがないしょうがない♪ と言い聞かせても焦ってしまう心小さき自分(笑)








IMGP0865.jpg


10時40分、淀川登山口へ到着!   ここで最後の準備を整え(主に生理現象)、10時45分に入山!   11時前に山に入るとか、ホント大馬鹿野郎っす(^^;   まぁナンクルナイサ~笑


コースタイム計算では目標の宮之浦岳まで4時間コース!   宮之浦岳から宿泊地の新高塚小屋まではさらに2時間30分!   日没までには着きたいぜ!\(΄◉◞౪◟◉`)/


さぁ覚悟を決めズンズン進みます!








IMGP0866.jpg


11時8分、淀川小屋通過!







IMGP0867.jpg


あと6.5km~








IMGP0868.jpg


小屋近くには淀川が流れています








IMGP0872.jpg


この川がむっちゃくちゃキレイ!(^_^)   透明度が半端ねぇ!   そしてこの撮り方だと川の透明度がわからねぇ!笑   堪忍(_ _)







IMGP0874.jpg


11時50分、小花之江河到着。







IMGP0878.jpg


11時56分に花之江河に到着!   ここは標高1600mにある高層湿原地帯!   素敵やん♪   ここで「とまり木」で作って頂いたおにぎりで腹ごしらえ!


急ぐ心も自然と穏やかになる(・∀・)







IMGP0880.jpg


そしてここで同じ「とまり木」メンバーの土田さんと合流!   興奮したのか曇っっちゃった(笑)   土田さんはスクーターをレンタルし宮之浦岳日帰り登山!   大人らしい視点は色々と気付かせて頂きました!   ありがとうございました!(^_^)


岐阜での再会を約束し、お別れ~~(ノД`)   また飲みましょ!







IMGP0881.jpg


花之江河を過ぎ、高度を上げると鬱蒼とした森林地帯は終わり、とっても気持ちの良い稜線歩きに変貌!   そうだよ、そうだよ!   やっぱ山は稜線歩いてなんぼですよ!(≧o≦)ノ








IMGP0885.jpg


登山道から屋久島三山の一つ、「黒味岳」を仰ぎ見ます。   登山道から分岐して往復1時間もかからないらしい……   えぇ形しとるのぉ~


しかし今日の目標は宮之浦岳一本!   勝手知ったる山ならば変更もありえますが、今日は涙を呑んで進みます!   またね~(ノД`)








IMGP0888.jpg


やっぱり未練たらたら黒味岳(笑)


さぁここからは気合も入る稜線歩きで、ドンドン距離を稼ぎますよ~~!   あっぷるすた~♪ あっぷるすた~♪   頭の中では「とまり木」近くのドラックストア、ドラモリのソングがエンドレスリピート!笑








IMGP0893.jpg


ふと振り返ると、、、素晴らしい景色!!w( ̄△ ̄)w おぉ!   あの連続した頂が「栗生岳」「翁岳」「安房岳」「投石岳」だと思われます。   どれがどれだかはわかりません(笑)


しっかし、本当に面白い景観ですよね。   ボッコボコと巨石が落し物のように存在。   頂上に石があるなんて奇跡ですよ。   この景色を眺めつつ~~







IMGP0895.jpg


YES!   ようやく宮之浦岳のピークが見えて参りましたよ!   あそこが九州最高峰!









IMGP0921.jpg


と、思ったらニセピークでした(笑)   奥の頂が本当のピーク!








IMGP0897.jpg


何度でも見たくなるこの景色!







IMGP0898.jpg


そして13時24分、宮之浦岳の山頂に到着!   来たよ来たよ!   念願の宮之浦岳制覇!   ぶっちゃけ縄文杉より楽しみな、屋久島で一番の目的地でした!笑


結局、2時間45分で到着!   早いじゃない、オレ(笑)






IMGP0900.jpg


おほほほほ~~!(・∀・)   雲海があるじゃないですか~♪








IMGP0901.jpg


反対側!   ちょうど雲が流れてきた~








IMGP0904.jpg


正面には永田岳!   すっごい登高意欲をかき立たれるお姿!   登りてぇ~!(>_<)









IMGP0910.jpg


三角点。   本当に!   今日登って正解だった!   めっちゃ素晴らしい天気!(^_^)


ぐへへへへ!(・∀・)   やっぱ天気の良いときに登るべきっすね♪   しっかし、、、


台風並みに風強い!


やばいっすよ。   気を抜くと倒れそうなくらいの風!(ノД`)   ここまでかいて来た汗が一気に冷える~~(T∇T)   ということで体力の限界まで堪能し(笑)、山頂を後にします。


さぁ今度は新高塚小屋方面へ下り!   後は登りなしや~~(・∀・) ヘヘ~イ







IMGP0911.jpg


下山中に見つけた巨石。   命名「木馬」








IMGP0916.jpg


下山道。   道っつうか川っすね(笑)   このルートの登山道は、写真のように川とお友達になれるポイントが多数。   今回、底に穴のあるランニングシューズで来ているため、もうびっちょびちょ(笑)


まぁびちゃくそになるのも計算尽くっす♪(・ω・)bグッ   キチンと替えがあれば大丈ブイ!








IMGP0919.jpg


宮之浦岳を見上げる。   惚れ惚れする素晴らしい山っすね、ホント!









IMGP0922.jpg


永田岳!   いい、いいっすね、永田岳!   行きたいけど、今日は小屋を目指すしまた今度だな!   アデュー!








IMGP0923.jpg


似た様な景色ばかりでスンマセン。   だって本当に素晴らしいんですもの。   マジ来て良かった








IMGP0925.jpg


頭に出来たイボみたい(笑)








IMGP0931.jpg


おにぎりが転がっているような巨石群。








IMGP0934.jpg


今度は向こうまで下ります。   ここで素晴らしき稜線歩きは終了!   満喫しましたわ!







IMGP0937.jpg


鬱蒼とした森林地帯へ再突入!   石から生えてますよ、この方。








IMGP0938.jpg


横綱白鳳なみに存在感のある岩。   マジ面白いわ、ここ!








IMGP0942.jpg


登山道を快調に飛ばしたところでシカさんに出会うので、けっこう驚きます(笑)   まぁシカの方がはた迷惑でしょうけど







IMGP0947.jpg


ズンズン下ります~








IMGP0948.jpg


そしてそして!   15時、今日の寝床、「新高塚小屋」に到着!   ここは水場・トイレのある素晴らしいところです♪


あれ?   ていうか、、、


着くのむっちゃ早すぎた(笑)


コースタイム上はココまで来るのに8時間コースですが、、、休憩込みで4時間15分で来ちまった(・Д・)   なんか早く着き過ぎて暇を持て余す状態になってしまった(笑)   もちろん日没後まで行動してるよかはるかにマシですけどね~


めっちゃやる気満々で出て来たものだから、なんか体が落ち着かない。   これなら永田岳ピストンできたな~、というかそれでちょうど良い時間だったな(^^;   次回来た時の教訓だ!



それからは( ̄。 ̄)ボ~~~~ッと、(´0`)ふぁ~っと過ごし(笑)、







IMGP0951.jpg


17時から夕食タイム!   今日はおでんパックを投入し、そこに麺をぶち込む作戦です。   MAXのブログを見て教えてもらいました(・∀・)


とりあえずこの時期、2000mクラスの山でもカセットガスは問題なく使用可能。   ブタンガスを使う皆様には変な目で見られますがね(笑)


今日明日は天気が良い、ということで多くの登山客が入山した模様。   小屋泊の方だけで30人前後。   テン場も20人近くおり賑やか賑やか。   小屋は30人で手狭で、小屋の収容人数と表記されており40人入ったらパンパンっすよ(^^;



さぁやることもないし、19時に寝ます(笑)   旅を続けたおかげか、、、この環境でもぐっすりと眠れました(笑)   どんどん社会不適格者になってるな~笑




明日は縄文杉・ウィルソン株などを見て、荒川登山口に抜けます。   人間、やれば出来るもんですね(笑)   もちろん山において過信する気はサラサラないっすけどね!   未練たらたらで永田岳に想いを馳せながら寝ました(笑)






累計走行距離  10870.7km









お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん1クリックをよろしく!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/236-11107c72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。