上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもべこです。   本日3月11日、あれから2回目を迎えましたね。   変わったこと、変わらないこと、進んだこと、進んでいないこと。   まだまだ復興は遠い。


原発も未だに汚染水ダダ漏れ状態で、とても収束の糸口を掴めておりません。


石垣島から祈りを捧げましたが、実際にこちらにいますと、やはり被災地との”距離”を感じざるを得ません。   仕方の無いことですが、関心を失わないで欲しいし、私に出来ることはなるべくやりたい。





東北は、日本人は強い。   復興に向けて、確かに動いている人が多くいらっしゃいます。  毎週のように被災地へ足を運び活動される方、被災地に移住し、そこに根を張って活動される方。   もちろん地元の方々も頑張っています。


でもまだまだやるべきことは多く、外からの支援は不可欠です。


一つ紹介させてください。   以前もブログに書いておりましたが、

「南相馬お花プロジェクト」  http://yumekazoku.jp/flower/top.html


こちらの方々は福島県の南相馬で、主に小高区という去年まで原発の警戒地区内であった地区で活動されております。   警戒地区であったため、未だに手付かずの場所が多く、人の居住もまだ出来ません。   当然戻ってこない決断をした方もいらっしゃり、福島の抱える問題をいやというほど感じる場所です。


そんな小高地区の畑をお借りし、最初はひまわりを植えたのが始まり。   そして去年は菜の花を植え、今年収穫の予定です。


この活動は多くの可能性を秘めたプロジェクトだと思います。   去年畑一面に咲いたひまわりを見た小高の方が「ありがとう」と感動されたと聞きました。   悲しいことですが各被災地においては「震災関連死」、震災後の自殺が後を絶ちません。


特に南相馬は放射性物質を理由に農家の作付けが禁止されており、もし作付けをすると東電からの補償金をもらえなくなる、という無茶苦茶な政策がとられております。   考えてみてください。   家を失い、仕事も失い、いままでの糧であった農業を禁止されてしまったら……


いま、被災地において一番必要なのは「心の復幸」だと思います。   仮設住宅・公共事業などによるハード面での復興ももちろん大切ですが、これ以上震災関連死を増やさないためにも、心のケアが重要でしょう。


人々にやる気を与え、心に笑顔を咲かせる。   たかが花と思う無かれ。   荒れ放題だった自分の畑に花が咲き誇ったら、、、その嬉しさは計り知れない効果があると信じます。


また菜の花には夢があります。   このプロジェクトでは実際に菜の花を収穫し、油を採取する計画も練っております。   そして油を絞った菜の花は飼料にもなり、また発酵のガスにより発電も可能だそうです。


採算ベースは?   どこまで続けられるのか? と否定的な意見が出るのは当然承知しておりますが、それでも小高の方々に元気を与えられる素晴らしいプロジェクトであることは間違いない。   畑もどんどん借りることが出来、毎週毎週忙しく活動されているようです。


この活動にもっともっと多くの地元の方が巻き込まれ、知らず知らずのうちに皆さんが元気になること、そうなればと心から願っております。






繰り返します。   一番重要なのは「心の復幸」 (受け売りですけどね笑)


是非一度ホームページを見てください。   そして少しでも心に響くものがありましたら、是非一度ご参加ください。   素晴らしい方々に会えることを保証しますよ!(・∀・)


他にも南相馬では「福興浜団」という団体も活動しています。   もちろん宮城・岩手でもまだ活動されている団体は数多くあります。   むしろ心のケアと考えると、これからこそ外部の手が必要だと思います。


訪れて人と話すこと、それだけでもいいんです。   これからも被災地を忘れず、関心を持ち続けて行きましょう。





これ以上の悲しみを増やさないために!   一人が全力を尽くすことは難しい。   しかし一人一人が微力を尽くすことが出来れば、それは大きな力となる。


是非微力を出しましょう!   言いだしっぺの私も、もちろん頑張ります!笑






長文にお付き合い頂き、真にありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/219-384360c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。