上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもべこです!   ついについに!   山口の端っこまで到達!   今日もあっさりした一日!笑  




2月9日、散歩163日目スタート!    今日は下関まで行きますよ~!(^_^)










DSCN3991.jpg


高架橋の下で起床!   人が通る場所ではないため、安心して張れました。   めっちゃ良いポイントだったぜ!   住宅が近いため早めに撤収。









DSCN3992.jpg


さぁ今日も宜しくお願いしますよ、2号線さん!









DSCN3993.jpg


おぉう……   まさかの行き止まり(ノД`)   早速裏切ってくれましたよ、2号さん(笑)


この辺りはめっちゃ走りづらかったです。   このように突然歩道が切れたり、路肩もないような場所を走ったり。


最近あっさりしている理由は二つあって、一つはまだ体調が戻っていないこと。   そして2号線が走りづらくて怖い、の2点です。   そう、サボってるわけじゃないんですよ、サボっては…









DSCN3994.jpg


YES!   幾多の恐怖を乗り越えて13時、下関市入り~!









DSCN3995.jpg


2号線ばかり走っていたので、海見たの久々!   人間、単純ですが海を見るとテンションが上がるように出来ているみたいです(笑)








DSCN3996.jpg


さぁ飯にしましょうか。   写真は宮島で再会した近藤さんからの頂き物。   「行かずに死ねるか!」は説明不要の世界1周記。   これを読めば必ず旅に出たくなる!笑


とか言いつつ、恥ずかしながら旅中に石田ゆうすけさんのこと知ったのですが(笑)   この本も読みかけだったので、文庫で買おう!という話を近藤さんにしたら、「じゃぁ持ってるのあげるよ」と頂きました。   あざーっす!m(_ _)m


そしてもう一つはホームパイ。   これらがどうランチに関係あるのかって?   それは、








DSCN3997.jpg


こうして








DSCN3998.jpg


こうするためでしょ!笑   秘技ホームパイ挟み!   近藤さん曰く、「パイのおかげで、表面の食パンがやわらかく、中がサクッ!とする、普通と逆の感触が楽しめるよ」とのこと。


近藤さん、考えましたね~(・∀・)   頂きます!   あ、ホントだ(笑)   普通の食感に飽きたときにいいっすね!









DSCN4002.jpg


さぁそして15時13分、関門海峡へと到達しました!   関門海峡と言えば、壇ノ浦の戦い。   ここがその舞台だったのですね~!








DSCN4003.jpg


そして見えますは関門橋!   あの橋は山口と九州を結ぶ橋!


そう、あの対岸は九州ですよ九州!   おぉ!   久々テンション上がった~~!(^_^)








DSCN4004.jpg


潮の流れの速い関門海峡。   いまでも重要な航路で、多くの船が行き来しております。









DSCN4005.jpg


ん~、波を切り裂くバルバスバウ(球状艦首)がハッキリと見えますねぇ!   あのバルバスバウこそ、戦艦大和が初めて採用したものだったりします。   波の抵抗がずいぶんと抑えられるそうです。









DSCN4006.jpg


さぁそしてこちらも忘れてはいけませぬ!   大砲がズラリと並ぶこの場所。


この場所こそ、いまでこそ倒幕=長州藩が、じつは最初は攘夷(外国人出てけ~)に熱心だったのだよ、な場所。   1863年の5・6月と長州藩は関門海峡を渡る外国船に向けて5度にわたって砲撃を加えました。


これに怒り心頭の先進国達は翌年8月米・英・仏・蘭の四国連合艦隊17隻が報復のために下関にやってきました(馬関戦争)。   海峡の最も狭いところに築かれたこの壇ノ浦砲台は前田砲台と共に重要な役割を果たしましたが、連合艦隊に大敗し、全ての砲台が占領・破壊されました。   外国の進んだ軍備に目覚めた長州藩は、攘夷から開国・倒幕へと転換し、明治維新を実現する原動力となりました。(案内板より)








DSCN4007.jpg


これは復元されたレプリカ(本物は戦利品として各国が持って行った)。   長州藩の大砲(と言うより大半の日本の砲)は射程が短く、戦いは射程に勝る連合側の一方的なものだったそう。


さぞかし悔しかったでしょうね。   そう、この大砲見るまで忘れてました。   山口って長州藩なんですよね。   うっかりしてました(笑)


そうか、ここが幕末から近代日本へと動かした土地なのか……   そう私ら会津の敵です!笑


まぁ私達の世代では当然怨嗟はありませんが、昔は会津の人と山口の人が結婚しよう!となったら大騒ぎになったそうで、長い間しこりになっていたそうです。   そう考えるとやっぱいまは幸せですね









DSCN4008.jpg


壇ノ浦に因み、義経の八艘飛びの図(シャ○の五艘飛びとか絶対ここから来てるよな~笑)









DSCN4009.jpg


対するは、平家の怪力、知盛。   錨を武器にしたそうです。   壇ノ浦の戦いで負けた平家、わずか8歳の安徳天皇も入水し、ここに滅亡。


しばしご冥福をお祈り致しましょう。



その後は寝床を探しつつ、マックで更新!








DSCN4010.jpg


すっかり夜に。








DSCN4011.jpg


下関も異国情緒溢れる街。   ライトアップが素敵です








DSCN4013.jpg


夜の関門海峡。   その後、先ほどの大砲まで移動し就寝!





明日はついに九州上陸! 








走行時間  4時間55分
走行距離  72.8km


累計走行距離  9936.6km










お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん1クリックをよろしく!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/194-e19f62fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。