上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもべこです!   今日は愛南市にある、四国で一番行きたかった場所へ!   えぇ、趣味です!笑



1月28日、散歩151日目スタート!   お世話になった”扉付き”バス停で起床!











DSCN3203.jpg


いや~快適でした!(^_^)   雪もしのげましたし、テントを撤収する手間も省けるしで、まさに一石二鳥!


朝5時頃新聞屋さんが来るので、笑顔で受け取りましょう。



しかし、未だにこの阿部さんのポスターあるんですよね~笑   これどうもしっくり来ないんですよ。


「日本を取り戻す」の日本を”利権”に変えましょう!   「利権を取り戻す!」   しっくり来ました!笑










DSCN3204.jpg


夜明け








DSCN3206.jpg


山が白くなっとる!   四国だってねぇ、雪降るんですよ!(ノД`)








DSCN3209.jpg


そして朝陽!   ん~、気持ちえぇ!(・∀・)   太陽さん、今日も宜しくお願いします!



さぁさぁ出発!   今日は愛南市までは目もくれず進みますよ~!   趣味のため!笑









DSCN3212.jpg


さらば叶崎









DSCN3213.jpg


海岸を離れ、内陸へ。   もちろんアップダウン!(ノД`)









DSCN3214.jpg


第一チェックポイントの道の駅「おおつき」到着!   トイレ休憩のみで出発!









DSCN3215.jpg


第二チェックポイントの道の駅「すくも」を通過!   えぇ、通過!笑











DSCN3216.jpg


そして10時過ぎ、宿毛(すくも)市街へ到着!   オレにしては素晴らしいペースです。


小休止後、再出発!   目指すものが近づいて来た~~!











DSCN3221.jpg


11時11分、愛媛県へ再突入!   さらば高知!


高知、高知市周辺とそれ以外の地域では全く表情が違いました。   特に愛媛側はひたすらアップダウンと向かい風の確殺コンボ。   マックもないし、もうちょっとバラけて欲しいです(笑)


最後の方が印象強くて、高知=アップダウン  で決まりです









DSCN3222.jpg


思わずトンネルを撮影。   このトンネル、右側は歩道をなくし、そのぶん左側を広く造っております。


もうね、旅中ずっと思ってましたよ。   「なんでこーしないんだ!」と!(`Д´) ムキー!


同じ幅でも工夫一つで安全に通れるようになるんですよね~。   なんで広まらないんだろう(笑)   まぁ造る人達や発注する方々はたいてい自転車なんか乗りませんもんね(^^;


以上、愚痴でした(笑)








DSCN3225.jpg


一休み








DSCN3229.jpg


12時17分、愛南市にある道の駅「みしょうMIC」へ到着!   MICってなんでしょうね?笑










DSCN3230.jpg


休憩室で昼飯食べさせて頂きます。   ホント、屋内ってそれだけで快適ですねぇ。   最高に心地良い!(^_^)



さぁ昼飯後、いよいよ今日の目的地へ行きます!   道の駅からは4kmほど!   ウホウホ~♪









DSCN3231.jpg


ウ、、、ホ、、、(;´Д`) ウホ


こんなに登らされましたよ。










DSCN3233.jpg


うん、ステキ。   でもこれじゃありません。


ここまで登ってでも来たかった場所!   それがオレの目の前にぃ~~~!!








DSCN3234.jpg


公民館?   いえいえ、この中にはなんと……








DSCN3235.jpg


YES!   紫電改!


そう、ここには旧日本海軍の戦闘機、紫電二一型こと紫電改の日本唯一の実物が展示されておるのです。   カイ・シデンは関係ありません(笑)


米軍は日本の機体を識別のためコードネームを付ける習慣があり、例えばゼロ戦こと零式艦上戦闘機は「ゼロ」   まんまやん(笑)   他にも一式戦 → オスカー  二式戦 → トージョー   というように名前を付けます。   そしてこの紫電改はジョージ。   そう、やっとタイトルに繋がるのです!笑


生産機数は400機未満と少なく、その性能も1945年という登場時期を考えればぶっちゃけ平凡(か、それ以下)です。   400機なんてアメリカだったら「間違って作っちゃった、テヘ♪」というレベル。


当時海軍が戦局を打開するために可能な限りの人材と資材をかき集め、343空という部隊を創設。   部隊が装備する機体も旧式化はげしい零戦ではなく、この新鋭機、紫電改で統一。


この大活躍(?)した343空という部隊と、新鋭機の紫電改という組み合わせにより、異常に知名度と人気の高い機体となっています。


?や注釈が多いのは、、、まぁそういうことです(笑)   でもいいんですよ!   旧海軍最強には違いありません


陸軍が紫電改の一年前には、日本最優秀の戦闘機を生産していたなんて、間違っても言ってはいけません。








DSCN3236.jpg


左から~









DSCN3237.jpg


後ろから~









DSCN3238.jpg


燃料タンクをはさんでの~









DSCN3241.jpg


真後ろから~笑


全っ然飽きない!   いつまでも見ていられます♪









DSCN3239.jpg


艦上攻撃機の「天山」のプロペラもありました









DSCN3246.jpg


部隊のパイロットたち


当時、343空のパイロットは20代前半の若者が多かった。   オレより若い方ばかり……









DSCN3251.jpg


これが海中からの引き揚げ当時の写真。   1979年に引き揚げられ、その昔この紫電改を設計生産した会社の手で補修・リペイントが行われました。









DSCN3252.jpg


部品類









DSCN3254.jpg


紫のマフラー。   当時パイロットであった笠井氏からの寄贈品です。


343空創設後、松山に到着したパイロット達と食堂の女将さんは深い交流を持つようになりました。   そして女将さんの発案でパイロットが身に付けるマフラーを作ることになった。


紫電だから紫。   そしてそれぞれの刺繍は地元の女学生が担当し、合計38枚完成。   寄贈された笠井氏のものは編隊の1番機、杉田上飛曹の座右の銘、「ニッコリ笑えば必ず墜す」。   他の隊も思い思いの刺繍をされたそうです。


そしていま残っているマフラーは、たったの3枚。   パイロット達とともに大空に散華しました…









DSCN3255.jpg


笠井氏のサイン入り、紫電改の外板。



ここに来て本当に良かった。   正直、ここに来る前は「紫電改見れるぜ、やっほ~い(・∀・)」くらいのノリでした。   事実、この機体を目の当たりにし、子供の頃からの夢が叶ったようでした。



しかし、この資料館の本質は機体以外にありました。   当時この紫電改に搭乗して戦ったパイロットたちが家族にあてた手紙、それに対するご家族の想い。   先ほどの紫のマフラーもしかり。


もうね、涙なくして見れません。   先ほども述べましたが、当時のパイロットの大多数は20代、それも20前半の若者が非常に多かった。


そんな彼らが戦いに赴き、それでも残された家族の身を案じつつ、自分の義務を全うする。   ご家族も胸に秘めた思いはあるのでしょうが、それを堪え息子や夫を戦場に送り出す。



オレに、彼らのような覚悟が少しでもあるだろうか?   恐怖を感じつつも、それでも人に優しく出来るだろうか?


手紙や、マフラーを見ているとそれらが語りかけてくるようだった。   




紫電改という機体に関しては、1945年の完成当時の時点で、欧米の最新鋭機と比較し残念ながら明らかに劣っていました。   ドイツなんてジェット戦闘機で戦っていたくらいですから。


でもね、そんなことどうでもいいんです。   この機体を駆って、文字通り命懸けで戦っていた人々がいたのですから。   B29などに対しても苦戦したが、彼らは決して機体に文句を言うことはなかった。


自分達が与えられたもので、最高の結果を残そうと必死で戦っていたんです。   そこに機体評価云々なんてどうでもよかった。




やっぱりここに来て良かったです。   自分の目で見て、その場に立たなければ気付かないことはある。   それを実感しました。


今日、自分を恥じました。   その分、それを繋げたい。   こんな平和な世の中に生きているだけでも、本当にありがたいことですよね。   彼らのような生き方は出来ませんが、、、日本人としてその生き様は忘れないでおきたい。









DSCN3256.jpg


Tシャツも売ってました



これにて紫電改資料館終了!   ありがとうございました!m(_ _)m


来るとき登ってきた道を下りつつ、当初のワクワク感は消え、心は驚くほどクリアになった。   よっしゃ!   同じ日本人として、絶対恥じない生き方しよう!(^_^)








DSCN3258.jpg


なんかすごい天気。   さぁ愛南市を後にし、今日の寝床宇和島市まで行きましょう!


56号線、この辺りもひたすらアップダウン~











DSCN3261.jpg


17時56分、宇和島市内にある道の駅「うわじまきさいや広場」へ到着!


今日はここで寝ます(^_^)










DSCN3262.jpg


と、なんと目の前にはマックがあるじゃないですか!   いそいそとブログ更新。


しかも「こちら新商品です」とテキサスバーガーまで頂いちゃいました!   ひゃ、百円しか使ってないのにすいません!笑


ウンマウンマ♪   いや~得した!(・∀・)





その後道の駅へ戻り就寝~




明日は四国のラスボス、前編!











走行時間  6時間44分
走行距離  103.1km


累計走行距離  9174.3km










チャリコプター(風力発電)発電状況


 ○    ○    ○    ○

 25   50    75   100(%)


ぶっ壊れました(笑)













お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん1クリックをよろしく!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/182-df225e30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。