上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもべこです!   今日は渦潮で有名な鳴門海峡へ行きますよ~!^^



1月20日、散歩143日目スタート!   前日泊まった「とらまる公園」の無料キャンプ場で起床!










DSCN2821.jpg


な、なんだ君は!?∑( ̄ロ ̄|||)










DSCN2822.jpg


テテッ♪










DSCN2820.jpg


ニゃーゴ(・∀・)



朝からニャン子にからまれ楽しい一時。   くそう、コヤツの作戦だとわかっていても可愛いな!(;´Д`)



キャンプ場と言うオフィシャルな場所のため、ゆ~~っくりと準備。   こののんびり感がキャンプ場の良いところですよね~♪



ささ、十分に乾かしたし、10時頃出発!   遅いな~笑










DSCN2823.jpg


白鳥の松原というところへ寄り道。   松原の中にある白鳥神社。











DSCN2824.jpg


そしてこちらが日本一低い山!   「御山」というそうです。



……… 山??(゚ω゚;)



これならその辺のぽっこりさんでさえ山ではなかでしょか?(^^;










DSCN2825.jpg


松原の先には、美しい白浜が広がっていました。   う~ん、ステキ!(^_^)









DSCN2826.jpg


鳴門方面へ国道11号を進みますが、途中「ばいこう堂」というお菓子屋発見!   おぉ!



ここお干菓子が有名で、私の以前の勤め先の菓子屋でも仕入れていたんですよ。   まさかの本店発見してびっくり!(≧o≦)



この店見て思い出したのですが、ここ四国の香川・徳島辺りって日本高級砂糖の代名詞、「和三盆」の産地なんですよ!  この近辺を走っていると、いまもなお昔ながらの製法で砂糖作りをしている製造所があって、ちょい興奮!


うほ~!    ここで作られているんだ~!   しかし興奮のあまり工場の写真撮り忘れ(T∇T)


やっちまった(笑)









DSCN2827.jpg


はい、そして徳島県入り!   さらば香川!   こんにちは、徳島!



香川、、、うどんでした(笑)   もう香川=うどん。   それが香川の全て(笑)   あとタクローさんの宅に1週間居候したのが良き思い出です(笑)



正直讃岐うどん舐めてました。   そりゃ所詮は大衆食ですから、ちょーっと至らない部分や店舗毎に食べ比べするようなグルメとは言えないと思います。   でも、やっぱり美味いんです。   3日に一回は食いたくなる、それが讃岐UDONの魔力。


あぁ、また讃岐うどん食いたいぃ!(>_<)




さぁ香川に別れを告げて、鳴門海峡を目指します!









DSCN2830.jpg


気づいたらとんでもない坂を登ってました(笑)   途中、写真一枚も撮ってませんでした(笑)












DSCN2828.jpg


そして「鳴門スカイライン」上にある四方見展望台へ到着!   とーーーっても良い眺めです!(^_^)



…… スカイラインですよ、スカイライン。   こっちには翼も動力も付いてねーっての!   なんで真冬に汗だくで自転車漕いでいるんでしょ?笑


でもそのぶん、この景色が特別に見えるんです!   そう、これはライダーや車にはわからない達成感。


そして、なぜ1月に水で顔を洗っているのかもわからないでしょう(笑)   いんや~気持ちえぇ♪










DSCN2829.jpg


展望台からは遠く鳴門大橋が見えました!(・∀・)   ウホホ~♪










DSCN2831.jpg


こちらもステキ☆



さぁ展望台からは下るのみ!   さぁ今度は汗冷えタ~~イム!笑


登りで発汗した分、今度は冷え冷え地獄!   寒ぃ~~!    と思ったらまたアップダ~ウン!Σ(゚д゚lll)


ありがたいような、ありがたくないような微妙な気持ちで坂を登ります(笑)



さぁそして鳴門スカイラインをぶっ千切って鳴門大橋到着!











DSCN2834.jpg


こちらが鳴門大橋の下部にある有料の遊歩道。   ここから鳴門海峡を見て、時間帯が良ければ渦潮まで見れちゃうぜ!っていうところです!



…… ここに来るまでも一枚も写真撮ってなかった(笑)   いや~、抜けまくってんな~笑




そして肝心の渦潮!   渦潮を見れる時間帯も決まっているようです。   いまの時期は12時~14時が発生する時間帯だそうな。



現在時刻は15時!    はい、抜けてますね~~笑



まぁ渦潮見れなくてもいいや、と思いお金払って中へ~













DSCN2836.jpg


全長450mの遊歩道。   おぉ、ワクワクしますな~♪









DSCN2837.jpg


ガラス張り!   た、楽しいぞ!笑











DSCN2838.jpg


そして橋も堪能出来ます!



「うぉー、見ろよあの鉄骨!」    ← これがわかる人は仲間です(笑)




にわか鉄骨マニアと化し、鉄骨の造形美に酔い知れます。   5分ほどね(笑)









DSCN2842.jpg


海峡を通過する船もご覧の通り!










DSCN2844.jpg


海峡の途中に岩盤が露出しているので、そこに橋桁乗っけてます。   「見ろよ、あの鉄骨!」 しつこい











DSCN2847.jpg


ガラス張りから海を眺めます。   渦潮見れないかな~(´・ω・`)



子供のような純粋さでガラスに張り付く27歳。









DSCN2848.jpg


岩に当たり、流れが渦巻く様は見ていて楽しかったです(^_^)












DSCN2852.jpg


って、うぉーーー!    すげぇ!   天に願いが通じたぞ~~!





…… なわけはなく(笑)、こちらが展示されていた渦潮の写真っす(笑)   これで勘弁してくださいm(_ _)m



渦潮は、鳴門海峡の複雑な海底の地形、そして海峡の幅の狭さ(1.3km)という条件が世界三大潮流と言われるほどの速い潮の流れを生み出し、そこに激しい潮の満ち引きが起こるため発生するのが渦潮だそうです。


すいません、わかったような、わからないような自分です(笑)   これが限界っす(・∀・)



さぁこれにて遊歩道終了~   渦潮は見れませんでしたが、それでも十分に楽しむことが出来ました!



続いては展望台から橋を眺めるとしましょう!











DSCN2853.jpg


う~ん、良い景色ですね~(^_^)











DSCN2860.jpg


今度は展望台へ登り眼下に収めます!   ウッホー♪   鳴門海峡と鳴門大橋が一望!



対岸の淡路島までばっちり視界に収まります。   この展望台まで”有料の”エスカレーターで来るブルジョアジーも多いですが、自分で登ったからこそ良い景色なんですよ!   と吼える貧乏人(笑)










DSCN2858.jpg


モロに逆光ですが、こちらが鳴門スカイライン方面。   こちらも素晴らしいっす!










DSCN2862.jpg


展望台から駐車場へ降りながら、今度は道路を見下ろします!   橋上は「神戸淡路鳴門自動車道」という全部の名前くっ付けただけやん(笑)な高速道路で御座います。


この橋とか自転車で走れたら最高なんですけどねー











DSCN2864.jpg


デンジャゾーン♪笑











DSCN2865.jpg


帰り際、「鳴門うず芋」を購入!   栗尾商店のこの商品、この近辺ならどこにでも置いてありますが、すっげー美味いんですよね!


これも以前の菓子屋で仕入れており、その美味さに感動!   鳴門に来たらまた絶対買おうと思っておりました♪(^_^)



うんめうんめ♪(・∀・)   奇をてらわず、じっくり丁寧に創りあげた一品。   素朴で体に沁みる美味しさ!   あ~、止まらない~~笑






この後、鳴門市の街中まで進み、公園で野宿!   鳴門に来たのは……   最後のお菓子のためであったかもしれません(笑)


明日は朝からハプニング!(ノД`)   苦難を乗り越え、徳島~阿南市まで行きます。









走行時間  2時間58分
走行距離  50.8km


累計走行距離  8540.9km













チャリコプター(風力発電)発電状況


 ○    ○    ○    ○

 25   50    75   100(%)


ぶっ壊れました(笑)













お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん1クリックをよろしく!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/173-bf9c5f5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。