上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、いいペースでブログ更新出来ています。 なぜかって?  それは走ってないからさ!笑




どうもべこです!  このままではヘナチョコチャリダー一直線!  まぁすでにヘナチョコか(笑)



11月28日、旅90日目スタート!  今日は!  あの箱根に行きますよ~~!!(・ω・)bグッ  と、その前に楽しみにしていた小田原城へ行きます♪










大磯城山公園内、道の脇にテントを張るためかのようなスペースがありました。


グランドシートを敷かなかったため、テントの底面が濡れてしまった!(T∇T)  なので乾くまでしばしのんびりと









9時40分、小田原まで14km!  静岡も107kmで、行こうと思えば一日で行ける距離。 まぁ……行かないけどね!\(΄◉◞౪◟◉`)/










酒匂川を越えると小田原の市内。 この時点で時刻は13時25分。 あれ?  おかしくない?笑


ちょうどこの手前にマックがあり、そこで充電とPCをカタカタと。 その後立ち読みしたり(笑)、先にマック横のスーパーで買出ししていたら、もう午後まわっちゃった(^^;


まぁ理由は後ほど述べますが、今日は全然急いでいないんですよ。



街中を走り……










13時40分、小田原城到着!!(^_^)  小田原城というと、関東一帯を支配下に置いた戦国武将、北条氏の本拠地。 ここは難攻不落のイメージがあります。


武田信玄・上杉謙信という戦国時代の2巨頭による攻撃を退けた実績があり、秀吉の小田原攻めの際には3ヶ月近くも城が健在でしたし(もっとも本拠地である小田原城へは無理攻めせず、周囲にある北条氏の拠点を潰していく作戦だったため)


どんなお城なのかこの目で見たかった!  













お堀を越えて……










二の丸の門、通称「銅門(あかがねもん)」というそうです。 扉の飾り金具に銅を使用していたから、この名が付いたそうです。










そして小田原城本丸の正門、通称「常盤木門(ときわぎもん)」  常盤木とは常緑樹の意味で、門の近くに松があったことになぞらえたそうです。 



そして!  この常盤木門をくぐると、そこには小田原城の天守閣が!!











え?  なぜウーパールーパー?笑


因みに小田原城は戦国時代最大規模のお城で、豊臣秀吉(当時羽柴性)らによる小田原城攻めの際には、城下町ごと全長9kmに及ぶ外郭部で囲み、その規模は大阪城をも凌ぐものだったそうです。


現在の城址は、本当に中心部だけなんですね。









なぜか猿までいました(笑)










本丸内にある巨松(おおまつ)  樹高約30m!  推定樹齢400年以上という、とても立派な松










はい!  やっと天守閣!笑  現在の天守閣は1960年に復元されたもので、明治の廃城令で取り壊したそうです。 もったいない!(T∇T)









で、お姉ちゃん二人を盗撮。 いや「グヘヘ」なんて言わずに、「写真撮りますか?」と聞いてそのついでに撮らせてもらいました。


200円で甲冑をレンタルできるそうですが、お姉さんいわく「重い!」だそうです。 そのわりには走り回っていましたけど(笑)









さぁさぁ400円を支払って天守閣へ登りまひょ!  ちょうど特別展がやっており、本物の甲冑や刀、槍、鉄砲などの品や、小田原城や北条氏についての展示でした。


これがなかなか面白く見入ってましたが、残念ながら撮影禁止。 ケチ!(・3・)ブー











おほ!  絶景絶景ぜよ!  写真左に見える手前の山が、秀吉が石垣山一夜城を築いた山(たぶん)


あんな近くに突然お城が出現したら、そりゃ戦意失くしますよ……


このあたり秀吉って派手好きですが、じつに人の心理を操る有効な手を考えますよね。 凡人とはスケールが違う




あ、因みに箱根方面でもあるみたいです。 あんなん登るの!?∑( ̄ロ ̄|||)










真鶴・伊豆半島方面。 しかし西日が眩しいぜ!











平塚方面。 来た道を振り返ると、「あぁ、なんだかんだ進んでいるな!」と自分を慰められます♪










小田原駅と、遠くの山は丹沢!!  けっこう高いんですね。 まだ行ったことのない山なので、旅終わったら行ってみてぇ!


これが天守閣からの4方向の景色なのですが、小田原攻めの際はこの見える範囲全てが豊臣方の軍勢に包囲され、目の前の海さえ水軍によって封鎖されていました。


ちょっと想像してみましたが、私が北条側だったら一日と持ちません(笑)




ささ、これにて小田原城見学終了!  いよいよ箱根行きますか~










15時、いよいよ天下の険の入り口、箱根口を通過!  いまから登るって完全日没やん。 お前アホじゃね? と思われた方!    ……正解です(笑)



一応理由がありまして、


○いま箱根は紅葉シーズンで無茶苦茶混んでおります。 そこを下手な時間に通過したら、にっちもさっちも行かない状況になるのでは? と思った点。


○すでにゴールした日本1周チャリのAmaichiさんのブログを拝見したら、ちょうど1ヶ月ほど前に箱根を夜間登っており、夜だと交通量少なく意外といいよ! とわかりまして。


○あと一番の理由は箱根の道の駅に泊まろう! と思ったからです。 12月になろうとするときに箱根の上に泊まるってアホやん!という突っ込みは正しいのですが(笑)、まぁやりたいと思ったからしゃーないんです(・∀・) 




以上の3点を総合した結果、道の駅に着く時間を逆算して15時過ぎから登り始めようか! との結論に達しました! 









箱根口からは緩やかな坂を登って行きます。 距離の看板が出ないので、もう始まっているのかわかりませんでした(笑)









新道は自動車専用道なんです。 いいなぁ(´・ω・`)   地図を見ると新道に沿って道路があるっぽいのですが、誰か詳細知りませんか?










15時18分、箱根町入り!  向かう先の箱根、めっちゃ雲って来たのは気のせい!?(;´Д`)




そして!  ここからが怒涛の渋滞!  ヤバイっす。 静岡側から下ってくる車は全く動かず、ズラーっと数kmに渡って伸びており、自分が走行している登り方面もまだまだ交通量が多く、さらにバスが多い!( ̄ロ ̄|||) ヒィー



バスを先に行かせるために止まることもしばしば。 さらに反対側は車が並んでいるため好奇の目にさらされっ放し!笑


ちくしょー!  頑張っちゃうじゃないか!!ヽ(T∇T)ノ ウヒィー



甘く見てました。 箱根ってとっても観光地なんですね。 











ようやく少し車が切れて一安心。 たしかに紅葉がキレイです。 ただ雲っているし、そんなに見る余裕なし(笑)


無心で、早くも「終わらないかな~」と念じつつ登ります。 ひたすら登ります。











16時、宮ノ下という場所に到着。 所々に温泉街があるので、ギブアップも可能です(笑)











はい、いつの間にか日没!  この写真が17時頃。 撮る余裕ないっす(笑)  ブレてても~~、、、YES! 気にしない!\(΄◉◞౪◟◉`)/



強羅辺りまでが死ぬほどキツく、一回休憩しました。 まぁヘナチョコなんで許して!  緩やかな坂が続くだけならギアを落としてひたすら漕げますが、斜度が出てくると力を入れなければならずかなり消耗。 でも立ち止まると汗がいっぺんに冷えるため、寒!




ここで実感。 確かに真っ暗ですが、国道1号ということもあり、街灯が等間隔で設置してあるため光には困りません。 というかこんなに明るい峠道初めてです。


そして交通量がめっきり減ったし、車の存在が感知しやすいため、もうスラロームし放題!  スラローム出来ると本当に楽になりますね~(^_^)


いままでの鬱憤を晴らすかのように、反対車線まではみ出すこともしばしば(笑)  良い子は真似しない♪




箱根のナイトラン、選択肢として十分ありだと思います!










そして!  やっと!  国道1号の最高点、ひいては箱根の最高点に到着!!  うぉぉぉ!!  やったぜ!



この瞬間オレの喜びが爆発し、いままで登って来た道を振り返ってこう叫んでやりました。




「二度と来ねぇーーよ!  バッキャローーー!!(T▽T) ぐわわぁぁ~ん!」




心からの叫び、聞こえた方はすみませんでした(笑)  さぁここからは芦ノ湖まで下りましょう♪


うひょひょ~~♪  ちょー早ぇ!  そしてちょー寒ぃ!笑




しかし下りながらふと思いました。


「ん?  そういや千田さん(かばんごさん)、ブログで一回下ってもう一回登るのが箱根」


って言ってたけどマジ?(゚ω゚;)  いやそんなわけないよね。 静岡側だけの特権だよね、それ




不安を抱えつつ芦ノ湖到着!










箱根神社!  と言いたいところですが、違う鳥居。 いやね、もういいや、と思ってしまいまして(笑)


だってもう17時半ですよ?  閉まってるでしょ? どうせライトアップなんかしてないでしょ? と自分を納得させます。 (あ、対岸に明るい鳥居が見えるな~(・∀・)  うん、幻覚にしておこう!笑)




そして、ここである事実に気付きました。 道の駅に行くには、やっぱりもう一度登るみたいです(笑)  芦ノ湖のバッキャローー!(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!




しかし捨てる神あればなんとやら、ちょうど鳥居前のセブンで出会いがありました。










残念ながら男性ですが(笑)  松田さん 28歳。  はい、同じ学年でした!笑  


やっぱ27~28はゴールデンエイジですね。  あと22~23も。



松田さん、なんとオーストラリア1周をこの自転車で達成したというワールドワイド派。 オーストラリアの楽しい話を、冷え切った身体で震えながら(笑)聞かせて頂きました。 マジ寒いところスンマセンでした(^^;


曰く、サソリを喰らっただとか、何も遮るものがないだだっ広い道路上で、目の前から雷雲が接近!  自転車を放置してスコールに打たれながらやり過ごしただとか、台風の風が吹いた瞬間、自転車が止まっただとか、オーストラリアは町と町の間が最大400kmあっただとか……( ̄ロ ̄|||)



旅というか冒険ですよ、それ(笑)  そして話をしながら二人とも寒さの限界点を突破!  セブンへ駆け込みます!











おで~ん


この冷え切ったときのおでん…… 死ぬほど美味い!(T▽T)  冗談抜きでいままでで最高のおでんでした。










松田さんから肉まんとスニッカーズを頂きました!  ありがとうございます!


この松田さんのおでんのかぶりつき具合を見れば、いかに凍えているかがわかろうものです(笑)




松田さんは反対方向、神奈川へ抜けるため残念ながらここでお別れ。 本当に楽しいひと時で、体力も精神も回復しました。 そして差し入れ、大事に食べますね~(^_^)  ありがとうございました!


(後日談として、松田さんこのまま東京まで行っちゃいました(笑)  いや~、やっぱ変態だわ!(・ω・)b)




さぁ、ここからは最後の一踏ん張り!  道の駅まで残すところ2~3km!  そんなとこでおでん食うなよって感じですが(笑)



そして登っている最中、闇夜の中に富士山の姿がはっきりと見えました。  


いつの間にかすっかり雲も取れており、澄んだ空には満月が煌々と輝く、美しい夜空。


満月に照らされ浮かび上がる、真っ白な富士山。 異様なまでの美しさでした。


荘厳で、雄大。  そこは経験を積んだ登山者でさえ死を迎える恐ろしい山。  しかしその姿は怖いほどにあまりにも美しく魅力的。



いままで見た富士山の中で、間違いなくベスト一でした。 もうこれ見ただけでも登った価値がある、心からそう思いました。











そして18時23分、目的地の道の駅「箱根峠」へ到着!  やりきったぜ~~!!










道の駅からは芦ノ湖が一望。 肉眼では夜景を堪能できました♪



今日はラスボス級の箱根を無事攻略!  しかも休憩したとは言え、一度も歩きませんでした!  これは意地でもそうしたかったので良かった!  だって今日全然走ってないから、格好付かないし!笑



登っているときは死ぬほどツライし、降りたくなる誘惑に駆られますが、終わってみるとなんてことはない。


例え箱根といえ、要は長~い、デッカ~イ坂なだけですからね!  いつかは終わるわけじゃないっすか!


しかも昔の方々はもっと交通の便が悪く、お店だって整備されてなかったわけですからね。 それでも越えていたわけで、それに比べて優遇されている現代、ましてや同じ人間なら不可能なんてない!




箱根を越えて、少しはレベルアップできたかもしれません。 しかし正月恒例の箱根駅伝。 彼らは本当に人間じゃないな!と実感。 ここを走って登るなんて鬼畜ですよ(゚д゚lll)



上には上がいる、それが今日感じたことの二つ目(笑)  目標持って努力すれば、常人には及ばない領域に進化できる。 人間の可能性って果てしね~な






さぁさぁ、後はお楽しみの箱根野宿!笑   でも拍子抜けするほどに、意外と寒くないんですよ。 電光掲示板で2~4℃となってましたから。 氷点下を想像していたので「あれっ?」って感じ。


これだったら東北とか新潟・長野の方がはるかに寒いじゃん!  まぁ峠を越えるときと同じで、自分に「寒いぞ寒いぞ!」と言い聞かせていたからかもしれませんね。




しかし念には念を入れて、冬山用のめっちゃ暖かいアンダーウェアや、旅人で持っている人いるの?と失笑を買ってしまうシュラフカバーも動員し、寒さ対策は万全!


久々の道の駅という安心感もあり、ぐっすりと眠ることが出来ました♪(^_^)  途中強風が吹き、何度かテントが持ち上がりましたが(笑)



今日はここまで!





明日は静岡入り!  三島・沼津を観光。 どこまで進むかは気分次第!笑







走行時間  3時間17分
走行距離  42.4km


累計走行距離  5830.4km












チャリコプター(風力発電)発電状況


 ●    ●    ○    ○

 25   50    75   100(%)


やっぱり壊れてるのかな?  最近表示が変わらない!笑













ブログランキング参加しました。バナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさんとりあえずクリックして!笑  1クリック詐欺ではないのでご安心を(・ω・)b

宜しくお願いします。 ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村





 
 







 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shigeyuki1syuu.blog.fc2.com/tb.php/119-d6a21443
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。