上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもべこです!   秋吉台、、、そこは山口県美弥市にある日本最大のカルスト台地。  台地の面積は54k㎡!   秋吉台を形成する石灰岩は3億年もの昔、海の中でサンゴ礁として生まれたもの。  それが長い年月をかけて雨の浸食作用で溶けだし、独特のカルスト地形を生み出しました。   そしてその溶け出した石灰分を含んだ水が地下に溶け出し、秋吉台の地下にある秋芳洞をはじめとした多くの鍾乳洞に流れ込み(秋吉台の地下には400もの鍾乳洞があるそうな)、あの黄金柱を初めとした石柱・石筍・鍾乳石を創り上げているのです。


秋吉台は石灰岩の岩肌が露出するラピエ、月のクレーターのような凹地のドリーネやウバーレ、ポリエなどがあり、異国的な雰囲気を醸し出している。 (観光案内資料より抜粋)


う~ん、なに言ってるかさっぱりわかんねぇ!笑   ま、とにかく秋吉台へ行きますよ!(・∀・)


4月26日、散歩238日目後編スタート!   秋吉台から、萩市まで!








IMGP2247.jpg


秋芳洞のエレベーターを上がり、地上に生還!   展望台が近くにあるそうなので、早速行きましょう!







IMGP2248.jpg


これが! 秋吉台!   ウホホ~!  スゲェスゲェ!(・∀・)


カルスト台地とは石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が(秋吉台はサンゴ礁だった)雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食(主として溶食)されてできた地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)である(wikiより抜粋)。   そして無数に存在する石が石灰石柱で、いまもなお溶け出しているのでしょうね~


そして秋芳洞などの鍾乳洞に注ぎ込むと、、、ロマンですな~~♪


さぁ今度は自転車で来るため、秋芳洞に戻ります。   あぁここまで登るのか~(ノД`)   秋芳洞のエレベーター使えればな~笑 







IMGP2253.jpg


時刻は13時40分、近くのお土産屋さんで「かっぱそば」を頂きます。   本当はね、食パン食う気満々でした。  あると思っていました、バックの中に。


でも無かったのです(笑)


これが思い込みってやつですね!笑   とりあえず腹に入れることが出来て良かった!   さぁ行きますか!








IMGP2254.jpg


ここから3kmほどの登り!   うぉぉぉ!(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!







IMGP2255.jpg


ぜーぜー(;´Д`)  到着!   ぐっは~~!!  なんですかこの絶景!  さっきの展望台から見た景色より断然素敵!   これが自転車補正というヤツか!?笑







IMGP2260.jpg


台地上に存在する道路を走るのですが、、、ここは日本?(・∀・)   そう思うくらい初めて見たような風景。


たまんねぇっす!







IMGP2264.jpg


ポツンと森






IMGP2267.jpg


素敵過ぎだろコラ。   あそこまで行けるので登りましょうか♪(^_^)






IMGP2268.jpg


イギリス?だかの有名パワースポットみたい







IMGP2270.jpg








IMGP2273.jpg


いつまでも居れるわ、ココ。   すんごい気持ち良い!


しかも、ちょうどこの秋吉台にいるタイミングで晴れ間出たんですよね~♪   その前後は曇り。  これが日頃の行いですね~♪   明日からも生きよう!笑


さぁ存分に堪能したところで、進みます。   秋吉台、必訪です!







IMGP2277.jpg


あれがくぼ地。  雨が降ると一時湖ができるそうです。







IMGP2278.jpg


下りきったところで分岐。   萩まで28km!






IMGP2279.jpg


16時11分、萩市入り!






IMGP2280.jpg


16時47分、道の駅「萩往還公園」に到着。   萩と言えば!  幕末の志士たちを多数輩出した土地!   こここそがその原動力になった場所かもしれませんね~






IMGP2281.jpg


ということでもちろん銅像たち!

真ん中 → 木戸孝允(きどたかよし)…吉田松陰とは藩校明倫館で知り合い、江戸での松陰門下生たちの世話を行う。 桂小五郎の名の方が有名かもしれませんね! 薩長同盟を結び、西郷隆盛・大久保利通とともに明治維新の三傑とよばれています。

 右 → 伊藤博文…ご存知初代総理大臣。17歳の時に、来原由蔵の紹介で村塾に入塾。
 左 → 山県有朋…松下村塾に21歳で入塾。 幕末の戦で活躍後、総理大臣など歴任






IMGP2282.jpg


そしてそして!!  写真真ん中にいますが吉田松陰!  この方が開いた松下村塾は有名で、上記人物たちのような人材を育成しました。  黒船の来航で世界行かねば!と密航を企てるも失敗。  後、安政の大獄で処刑される。   しかし、死してなお彼の意思は教え子達に継がれていくのでした!


左 → こちらも忘れちゃイケマセン、高杉晋作!  19歳のときに松下村塾に入塾。  後に奇兵隊を組織し幕府による長州征伐をはね返す重要な役割を果たしました。  27歳という若さで他界。  嵐のような人生で、まさに太く短くという漢の一生。

右 → 久坂玄瑞(くさかげんば) 松陰亡き後も村塾を存続させた人物。 25歳のとき、蛤ご門の変で亡くなりました。


やっぱ萩は幕末の街ですねぇ♪(o ̄∇ ̄)






IMGP2283.jpg


17時3分、萩の街中到着!   激安のザ・ビックを見かけたので突入!  ビックも安いから発見即突入の店です(笑)






IMGP2284.jpg


萩の城下町まで1km!   寄りましょ寄りましょ♪







IMGP2285.jpg


旧萩藩校明倫館


現在では小学校になっており、往時を偲ばせる遺構が大切に遺っているそうです。








IMGP2291.jpg


城下町へ~






IMGP2293.jpg







IMGP2295.jpg


好い街並みですねぇ♪(^_^)   高杉晋作の旧宅があったはずですが、、、見落としました(笑)


なぜだ!?(T∇T)






IMGP2299.jpg


素敵な夕陽を眺めつつ、、、心の中は「やべ~よ、太陽落ちちゃったよ」と焦る頃(笑)






IMGP2301.jpg


萩から数kmの場所にある「たなかホテル」へ到着!   ○日ぶりの温泉だ~~!(・∀・) ヒャッホーイ







IMGP2302.jpg


そして道の駅「萩しーまーと」へ   今日はこちらで寝ますよ~♪


明日はのんびりな一日。  益田まで!







走行時間  5時間35分
走行距離  84.1km


累計走行距離  12337.8km







お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん是非1クリックを!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
スポンサーサイト
どうもべこです!   写真が多くなったため、本日の記事は前後編にわけてお届けいたします!


4月26日、散歩238日目スタート!   前編は特別天然記念物の「秋芳洞」へ!







IMGP2174.jpg


長門市の運動公園で起床!   久々にズバー!っとした朝陽♪   今日は気持ち良い一日になりそうだで~♪








IMGP2175.jpg


先ずは国道191号線を萩方面へ進みます!








IMGP2176.jpg


そして秋芳洞への分岐へ!








IMGP2177.jpg


あふぅ(;´Д`)  あと21km!   登れ登れ~









IMGP2178.jpg


汗だくなので休憩~


そのうちに登りも終わり道が平らになってきたとこで、「別府弁天池湧水」という看板を発見。  片道3kmとな。  寄り道寄り道~








IMGP2179.jpg


10時10分、「別府厳島神社」に到着!   こちらの境内に湧水があるそうなので、足を踏み入れると、、、







IMGP2183.jpg


おぉ!  めっちゃキレイだ!(・∀・)  素晴らしい色合いに癒される~♪


横にある湧き水も少し頂き回復!  水、めっちゃ美味ぇ!








IMGP2190.jpg


そうそう、山陰側に出ると赤瓦の家が非常に多いです。   気になって調べたら島根県の石州(島根県の石見地方)で作られていた石州瓦というものだそうで、寒さに強い瓦なんですって。   山陰は豪雪地帯で寒さ厳しいですもんね~







IMGP2191.jpg


用水路には沢蟹!  うっほほ♪  久々に見た!(^_^)







IMGP2193.jpg


さぁさぁ秋芳洞まであと7km!  ズバッ!と進み、







IMGP2194.jpg


11時11分、秋芳洞前に到着!   露店の誘惑を振り切り突入!   入場料は1200円なり!(ノД`) アウチ


秋芳洞は秋吉台の地下100mに位置する鍾乳洞で、一般公開されている長さは全長約1km。  東洋屈指と言われる大きさを誇るそうです。  いざ行かん!(・∀・)







IMGP2196 a


侵入!  縦に大きな裂け目!  デケー!







IMGP2198.jpg


内部!  空間が非常に広い!  横を幅数mはある川が流れる、こんな大きい鍾乳洞初めて!(だって2、3個しか行ったことないし!笑)








IMGP2201.jpg


来ました来ました秋芳洞の双璧!  出し惜しみせず全力で見所を披露してくれます。







IMGP2203.jpg


うぉぉぉ!!   「百枚皿」に到着!   スンゲー!(゚д゚;)  棚田みたいですね!


皿が百枚あるようだ、というところから付いた名ですが、実際は500以上あるそうです。   上から石灰分を含んだ水が流れてきて、その石灰分が沈着。   長い年月をかけて盛り上がっていき、皿のようになっているそうです。


これは感動!







IMGP2207.jpg


お次の見所へ~







IMGP2208.jpg


「洞内冨士」   確かに富士山っぽい






IMGP2209.jpg


右 大松茸
左 すぼ柿







IMGP2210.jpg


暗いけど「千町田(ちまちだ)」   本当に田んぼみたい


しかし暗すぎて危うく田んぼに落ちるとこでした(笑)








IMGP2212.jpg


無数の鍾乳石が連なる「傘づくし」   つららの様に伸びているものが鍾乳石で、天井にある無数の通り道から水が流れて、そこに含まれる成分が次第に沈殿、それが成長した物が鍾乳石です。


鍾乳石見ると、鍾乳洞来たな~~!って感じになりますな!(・∀・) 







IMGP2213.jpg


傘づくしの近くにある石柱「大黒柱」   石柱は、上からつららの様に成長する鍾乳石と、反対に垂れ落ちた水で下から伸びる石筍(せきじゅん)が合体したもの!


秋芳洞では鍾乳石は70年で1cm、石筍は130年で1cmらしい(たしか笑)   この眼前に広がる光景は、一体何万年の歳月を費やして出来ているのだろう?   考えただけでゾクゾクしますね~!


お次は秋芳洞と言えば!   こちらだ~↓↓






IMGP2218.jpg


黄金柱!(こがねばしら)   うぉぉぉ!!  これもスゲェ!


高さ15m、幅4mの巨大な石灰華柱。  岩天井から流れ出た地下水が、岩壁を伝い、その部分へ石灰分が付着し、何万年もの長い年月をかけ、この巨大な柱を築き上げたそうです。








IMGP2219.jpg


ん~、大き過ぎてウマク撮れない!(T∇T)   間近で見ると迫力満点!


なんて言えばいいんでしょう。  自然の造形美、それしか思いつきません。   黄金柱も、何万年という年月をかけていまの姿になったのでしょうね~。   ロマン浪漫!(^_^)   見ていて全然飽きません♪


意識だけは太古の昔にタイムスリップ~







IMGP2221.jpg


そんな感傷を吹き飛ばしてしまうこちら、「紺屋の藍壷(こうやのあいつぼ)」


正面の黒い部分、なにかって??   コウモリのウ○コーなんですって(笑)  一気に現実に戻ります(笑)


元々秋芳洞はコウモリさんの住処で、相当数が生息していたそうで、いまでも潜んでいるそうな。   でもウ○コー(・∀・) は勘弁ね(笑)


黄金柱を過ぎると「黒谷支洞」へ突入







IMGP2224.jpg


目の前に鍾乳洞のキングこと「岩窟王」が鎮座!   写真上の天井、3本の鍾乳石から滴り落ちた水で、このように成長されたそうです。   あらまぁずいぶんとご立派になって(o ̄∀ ̄)ノ


でも、一滴一滴、わずかなその滴たちが幾年もかけてこの王を造形したかと思うと、、、ホント自然ってすげぇ。







IMGP2229.jpg


う~ん、イマイチ写真撮れてなかった(ノД`)   キングスイマセン!







IMGP2228.jpg


美しい造形でもあるが、おどろおどろしくもある







IMGP2231.jpg


「くらげの滝登り」   納得の命名。







IMGP2234.jpg


ん~、なに撮ったかわからない(笑)







IMGP2238.jpg


「五月雨御殿」   年中水が垂れてくる場所で、ここが一番上下の空間が広いところでした。   たしか下の穴から30mもの高さがあるそうな!   この辺りには無数のトンネルが存在しており、探険家たちにはたまらない場所だそうだけど、あたしゃ絶対無理だわ(笑)






IMGP2240.jpg


「マリア観音」   赤ちゃんを抱いたマリア様に見えます






IMGP2241.jpg


ちょうどいまにも繋がりそうな石柱発見!   しかし、あと何年かかるのだろう!?(^^;







IMGP2243.jpg


タイムトンネル到着!   これにて秋芳洞終了です!   来た道を戻り、、、







IMGP2246.jpg


洞内のエレベーターへ!   これで80mほど上がり地上の展望台に出ることが出来ます。


前編はここまで!   後編はカルスト台地、秋吉台へ!(^_^)







累計走行距離  12253.7km







お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん是非1クリックを!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
どうもべこです!   今日は山口へ再上陸!   下関から長門市まで!


4月25日、散歩237日目スタート!









IMGP2125.jpg


門司側の関門トンネル人道入り口で起床!   6時には通行可になるため、起きてソッコーで撤収撤収!   一番乗り~!は無理でした(笑)









IMGP2126.jpg


6時16分、エレベーターに乗り込みます!








IMGP2127.jpg


さぁトンネルを進みますか!








IMGP2128.jpg


そしてそして!  感動の県境!(T∇T)   えいや!っと越えて6時24分山口県入り~~~!!


さらば九州!  初めての九州、たくさんの想い出が出来ました!  阿蘇・別府は絶対にまた訪れたい!  あと行けなかった(行かなかった)高千穂も絶対行く!   県境を跨いだ瞬間、色んな出来事を振り返って胸がいっぱいになってしまった!(ノД`)   ありがと~~!







IMGP2131.jpg


6時34分、下関側へ上陸。  お久しぶりです、義経様!







IMGP2133.jpg


お久しぶりです!  大砲さん!(・∀・)


ここに立ったのは今年の2月10日頃。  あの頃は寒かったな~笑   あの時と変わらない景色ですが、同じ場所に立って見る気持ちはあの頃と別。  初の九州入り、その後の沖縄・石垣を目指していたあの頃は燃え盛っていた。   そしていまはそれを振り返っている…… おセンチです(笑)


あぁ、本当に戻って来たんだな~








IMGP2134.jpg


朝霧の中







IMGP2135.jpg


船が行き交う。   さぁ感傷的なのもここまで!   先に進みましょう!(^_^)


ここからはまた未知のゾーン、山陰を目指して日本海側を進みます!







IMGP2136.jpg


とその前に!  行き残していた「赤間神宮」へ!








IMGP2137.jpg


ご参拝。  こちらには壇ノ浦の合戦の際に入水された安徳天皇を祀っております。  当時わずか8歳。  平家と源氏の争いに弄ばれた人生は悲しい(T∇T)


またこちらの赤間神宮はかの有名な「耳なし芳一」の舞台でもあり、芳一の木像が安置されております。   毎夜毎夜芳一を誘い、ついにはお経の書いていなかった耳だけ千切っていったお話、子供ながらに震えて聞いておりましたっけ(笑)   その怨霊は平家の武士だったそうです。








IMGP2139.jpg


写真中央、少~しだけ見えます小島が「巌流島」   宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の舞台として有名過ぎる島!   下関の港から10分程で行けるそうです。








IMGP2140.jpg


下関タワー








IMGP2141.jpg


下関からは191号線で北上!   今日は調子良ければ100km先の萩まで!  ダメなら80km先の長門まで~(^_^)


因みに看板三番目の「得牛」 これで「こっとい」と読むんですって。 絶対読めねぇ!笑








IMGP2142.jpg


20~30kmほど進み、10時52分「川棚温泉」への分岐へ到着!   寄り道寄り道~♪(・∀・)


川棚温泉には「瓦そば」という名物料理があり、もう名前からして食うしかねぇ!と、2月からずっと思っていたのです。  あぁ、ついに念願叶う!   いざ元祖瓦そばの「たかせ」へ!








IMGP2143.jpg


定休日~~笑


もうガックリし過ぎて走る気失せた(ノД`)   まぁしゃーない他のお店に行くか、、、通りがかった方に話をすると、、、







IMGP2144.jpg


おぉう!  別館は営業してるじゃないですか!  なぜだ!?笑   いや~でもホント良かった良かった。   食べれなかったら本当にすねるとこでした(笑)







IMGP2146.jpg


旅中全く縁の無かった格式高そうな場所に通されます。   庭と畳が心地良いですな~( ̄∀ ̄)   しかしその分料金高いんじゃ…と落ち着きません(笑)   結局値段は変わらなかったので落ち着きました(笑)







IMGP2148.jpg


来ました「瓦そば」!







IMGP2150.jpg


ウホー!  ホンマモンの瓦にそばが乗っとる!(・∀・)   おもしれーー!


なんでも初代たかせのご主人が生み出した創作料理!   西南戦争の折、薩摩軍が瓦で肉などを焼いたという話にヒントを得て生み出したそうです。   でも、それをそばに繋げる柔軟な発想がすごい!   そういう固定観念に囚われないご主人のおかげで、この川棚温泉には名物が生まれました。   宇治抹茶を練りこんだ茶そばに、牛肉・錦糸卵・のりが入り、上にレモン・もみじおろしが乗っています。


では頂きます!


………
………


美味ぇっす!(^_^)   熱々の瓦がそばを香ばしく焼き上げ、ぱりぱりのそばを楽しむなんて!  こんなのあたし初めて!笑   恐れ入りました!m(_ _)m








IMGP2151.jpg


とてもウナギが食べたくなったので、ウナ丼(茶漬け)の定食2000円で頼みました(瓦そば単品なら1050円)。   ランチで2000円ですよ、2000円。   食パン20斤食べれますよ!笑   旅中のランチでは一番贅沢した瞬間だったと思います♪


鰻も美味ぇ!(ノД`)   大満足でした!   ん~、でもやっぱそばは腹に溜まらないな~笑   チャリダー向きではないっす(^^;







IMGP2153.jpg


食後も191号線で北上北上!   素晴らしい天気に足取りも軽やか♪







IMGP2154.jpg


素晴らしいシーサイドライン!   良い眺めの中、自然と顔もニンマリ(o ̄∀ ̄)








IMGP2159.jpg


小さな峠越え~。  この辺りけっこうアップダウンが多く、平地を走る時間は僅か。  意外と足に来ます(ノД`)








IMGP2161.jpg









IMGP2164.jpg



14時20分、道の駅「北浦街道 豊北」に到着。  小休憩








IMGP2166.jpg


道の駅横はめっちゃキレイな砂浜と海!  なんだなんだ!  山口の海めっちゃキレイじゃん!








IMGP2168.jpg


大きな掛け声(というか罵声笑)を出しつつ船を漕いでいました。








IMGP2169.jpg


街が見えて参りました。







IMGP2171.jpg


17時7分、長門市入り!   残念ながらマックがないため、公園でブログ更新!   こうして外で指が凍えること無くキーボードが打てること、それだけでも幸せです(笑)







IMGP2173.jpg


ジャスト20時、「運動公園」に到着!   今日はここでテント張ります♪(・∀・)   近くにスーパー、九州の激安ドラストことコスモスがあるため買い物も楽で助かる!




明日は萩市まで!






走行時間  5時間34分
走行距離  94.9km


累計走行距離  12253.7km







お読み頂きありがとうございます。   


ブログランキング参加しています。   下のバナーを「ポチッ」と押して頂けると、オレのやる気が上がります!笑

ブログを気に入って頂けた方、そうでない方、みなさん是非1クリックを!

宜しくお願いします!  ↓こちらです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。